男性から好意を向けられた途端その男性が気持ち悪くなる

男性から好意を向けられると、途端に気持ち悪くなり、逃げ出してしまう冷めてしまう自分がいます~蛙化現象の治し方~

男性から好意を示されると、
途端にその男性が気持ち悪く感じられ、
逃げ出してしまう。
引いてしまう。
冷めてしまう。

固まってしまう。

そんな自分の反応が、
自分でも謎すぎて、
自分を持て余しています。

このままじゃ、
結婚はおろか、
恋愛も無理かなあ。。。と
思って困っています。

こんなお悩みを聴くことがあります。

今日は上記のような悩みの
原因と解決法を伝えていきます。

男性に好意を向けられた途端、
その男性が気持ち悪くなる理由

男性から好意を向けられ、
気持ち悪くなったことがある女性の声を
いくつか挙げてみます。

◎恋に恋してただけ、
リアル男子、リアル恋愛はなんか怖い

◎恋はしてみたいけど、
いきなりそんなに近づかれたら、
自分の領域を侵されるようでビビる!

◎こんな私のことが好きなんて、
この人、頭おかしいんじゃない?

◎この人、自分とは別世界のすごい人と思っていたけど、
私が好きなんて、大したことない男だったのね。

◎この人、こんな私を好きだなんて、
本当の私のことを知らないのね。

この人の期待と幻想を裏切らないように頑張って、
自分を良く見せなきゃ!
ああ、考えただけで疲れる。
人と近づくってめんどくさい、キモイ。

◎私みたいな何の価値もない女が良いなんて、
この人、きっと身体目当てで近づいてくるのね。

◎この人、私のこと、女として、
性的な対象として見てるんだ!キモー

突き詰めると、好意を向けてきた男性に、
性的な目で見られてる自分がキモイ!

◎大体、男ってみんな、キモいかも。

◎男性と付き合ったら、
またあの時みたいに傷つく。

またあの時みたいに
男性のキモい面見る!イヤだー

男性から好意を向けられた時
気持ち悪くなってしまう理由としては、
上記のようなものが挙がっています。

このような声を聴いていると、
男性に好意を向けられた時
気持ち悪く感じる理由には、
大きく分けて5つあるかなと思います。

恋に恋している

これは恋愛経験、性的な経験が
あまりない、全くない人に多く見られます。

10代、20代の女性だけではなく、
30代、40代の女性でも、
たまにこのような方はいます。

父親不在の家庭で育った、
男兄弟がいなかった、
女子校育ち、職場も女性ばかりと言った
女性が多い環境で育ち、
男性とあまり接点がなかったという方も多いです。

恋愛というものに憧れているけど、
実のところは、
リアル男子とリアルにお付き合いするのは、
今は望んでいない。

それよりも、
自分が頭の中で、
自分の好きに夢を見ていたい。

そんな状態であるため、
いざ、男性から好意を向けられると、
自分の恋愛に対する夢や幻想が壊されるため、
リアル男子、キモー!
近づいてくるな!
なんて思ってしまうのです。

いきなり距離を詰められる、急速に近づかれるのが怖い

これは、男性に好意を向けられることが
気持ち悪いというより、
その方の 人との関係作り、距離感へのニーズや好みが
関係してくる場合です。

内向的な気質で、
人と親密な関係を作ることに慎重な性格から
来ています。

恋はしてみたい、
だけど、ゆっくり安心安全を大事にしながら、
関係を作っていきたいと思っている。

そんな想いが強いため、
男性から好意を向けられた時、
それがストレートなものであればあるほど、
自分の領域が侵されるなような恐れ、不安を持ち、
自分の領域を、自分の安全感を守りたい!という想いから、
男性に対し、気持ち悪いという感覚を
持ってしまうようです。

自己嫌悪、自己否定感が強い

自己嫌悪や自己否定感が強いと、
自分を好きになった人にも、
それが伝染します。

冒頭に挙げている、
男性から好意を向けられた時
気持ち悪いと感じる人の声に
すべてがつまっているかと思うのですが、

こんな私を好きなんて、
趣味が悪い、
人を見る目がない、
大したことがない男だ!と
自動的、反射的に思ってしまうのですね。

性的なことへの恐れ、嫌悪感が強い

男性から好意を向けられることは、
自分が女性として見られている、
つまり性的な存在として見られていること、
将来、その男性と性的な関係を持つことを
当然ながら連想させます。

性的なことへの恐れや嫌悪感が強いと、
それ自体がたまらなく
気持ち悪く思えてしまうようです。

自分を性的な目で見る男性もキモいし、
そんな風に見られる自分もキモい。

この傾向がある方からは、
上記のような話をよく聴きます。

過去の恋愛のトラウマ

◇昔、付き合っていた人から裏切られ、
手痛い失恋をした。

◇以前、ずっと好きだった人から、
セカンド扱いされ、
その時の惨めさや
相手に対する怒りや恨みが残っている。

◇モラハラ男子とつきあっていて、
当時、下僕か、付き人のような扱いをされていた。

などなど。

過去の恋愛のトラウマが強烈なものだと、
恋愛自体に嫌悪感や抵抗感が生じ、
結果、自分に好意を向けてくる男性に対して
気持ち悪いと思ったりすることがあります。

実際は、上記の5つの理由が混じり合い、
かつ、その方固有の個人的な背景があって、
好意を向けてくる男性に
気持ち悪いと感じるかと思います。

蛙化現象と名前がついているほど
多くの女性に観られるもの

ちなみに、
好きな男性が自分に好意を向けてきた途端に
その男性が気持ち悪くなる現象を
蛙化現象(カエルカ現象)と言うそうです。

どうして、蛙化なのか?というと、
グリム童話の『蛙の王子様』から来ています。

魔法によって蛙の姿にされていた王子が、
王女と出会ったことにより、
魔法がとけ王子の姿に戻り、
王子と王女はめでたく結ばれるというお話です。
(↑ものすごく端折って説明しています。)

蛙化現象は、
この『蛙の王子様』の逆ですね。

王女と出会ったこと、
王女に好意を持ったことにより、
王子から蛙になるという。。。

あるデータによると、
女性の7割が
この蛙化現象を体験しているそうです。

余談ですが、私は蛙化現象って、

男性から好意を向けられると
カチンコチンに固まる

ヘビに睨まれたカエルになる

だから蛙化現象なんだ!

と最初思いました。

これもあながち間違ってないかも。。。
昔の私がそうでしたから。

男性に好意を向けられると、
その男性が気持ち悪くなることへの解決策

リアル男子との接点を作る、
できたら男友達を作る

恋に恋している方は、
まずリアル男子との接点を増やす、
それも男性を自分と同じ人間という目で見て
コミュニケーションする機会を増やす。

そんなところから
始めるのはどうでしょう?

何か趣味を持っているのなら、
その趣味のサークルに入ってみて、
そこで男性と話す機会を作る。

職場に男性がいるなら、
その男性と話す機会を増やす。
職場の飲み会も積極的に参加する。

などなど。。。

自分の中にある理想の男性像は
少し棚上げにして、
リラックスしてニュートラルな気持ちで、
リアルに男性を知る、男性を研究する、
それくらいの気持ちで接するといいかと思います。

人との境界線を強くする

いきなり距離を詰められるのが怖いというのは、
裏を返せば、
人との境界線が弱い(NOと言えない)、
人から期待される、要求されると
それに答えなければと思う
そんな方が多いようです。

なので、言い方は悪いかもですが、
自分に好意を向けてきた男性を、
人との境界線を引く、
人の期待や要求に答えたくない時は答えない、
そんな練習台として使わせてもらう。

そう思って、
いきなり距離を詰められるのが
怖い、ビビるという方は、
まずはグループで遊びに行く機会を持つのは
どうでしょう?

その男性を生理的に受けつけないといった場合は、
無理しないのが一番かと思いますが、、、

自己嫌悪、自己否定感を弱め、
自己肯定感を高める、自分を好きになる

男性から好意を向けられた時
気持ち悪くなる問題に関しては、
何よりこれが解決策となるかと思います。

じゃあ、自己肯定感って、
どうやったら上がんねん。
どうやったら自分を好きになるねん。

そんな風に思った方も多いかも。。。

一つ言えるのは、
自己肯定感って、
関係性の産物なんですよね。

具体的に言うと、
自分を肯定してくれる誰かとの関係性、
最初にそんな関係性があり、それを土台にして
自己肯定感が育ちます。

健康な家庭だと、
子どもにとって、親との関係性が、
自己肯定感を高めてくれる関係性となります。

でね、そういう健康な家庭って、
実のところ、あまりないわけです。

つまり、自分を肯定してもらうような関係性を
十分体験した人というのは少ない。

だから、大人になって、
自分で、そういう関係を探しに行く、
構築する必要があります。

ここで大事なのは、最後は、
自分が自分を肯定できるか?
自分が自分を好きと思えるか?

つまり、
自分と自分の関係が大事だということです。

これが難しくて、多くの人は苦労している。。。

私自身、すごく自己肯定感が低かったところから、
長年コツコツいろいろ試みて、
自己肯定感を上げてきました。

自分の経験も踏まえて言うと、
最初は、
カウンセラーなりセラピストなり友達なり、
自分を肯定的に見てくれる誰かに手伝ってもらって、

そのうち、自己肯定感が育ってきたら、
今度は自分と自分の関係を良くしていって、
自分が自分を好きになっていく。

これがいいのでは?と思っています。

自分を好きになることに関しては、
下記のブログにかなり詳しく書きましたので
参考になさってください。

自分を好きになる方法 自分で自分をディスってないか?チェックしてみる

自己価値を上げる 自分を好きになる それができないと自分を責めた時

私を好きになるなんて、
なかなか女を見る目あるやん!

そんな風に思える日が来るといいですね。

自分の女性性を受け入れる
セクシャリティの傷を癒す

これに関しては、
下記のブログに詳しく書きました。

参考になさってください。

私は人を好きになる資格がない、私に好きになられても迷惑だろうという気持ちが強く、一生恋愛は無理かなと思ってしまいます

過去の恋愛のフラッシュバックを止める

過去の恋愛のトラウマを癒せたら、
一番良いかと思いますが、
なかなか時間がかかることも多いでしょう。

また、トラウマが大きなものであればあるほど、
苦痛が大きくなり、
それに向き合うリスクも高まります。

準備ができてない時に
下手にトラウマ記憶を思い出しちゃうと
大変なんですよ。

ただ単に
掘り下げればいい、向き合えばいいってわけでは
全くありません。

余計、傷が深くなったり、
日常生活を送るのが難しくなることもあります。

で、私がお勧めしたいのは、
過去の恋愛のトラウマからくる
フラッシュバックを止めることです。

※フラッシュバックと言うのは、
何かの拍子に、昔の嫌な記憶が、
自動的・反射的によみがえってきてしまうことです。

それを止めるだけでも
男性から好意を向けられた時
気持ち悪くなることを弱める効果が
あるかと思います。

フラッシュバックを止めるには、
まずフラッシュバックを
起こしていると気付くこと。

気付いたら、
敢えて過去の嫌な記憶から
気をそらすこと。

例えば、
お笑い番組を見たり、
運動したり、アロマオイルを嗅いだり、、、

一番お勧めなのは、
身体に意識を向けることです。

身体というのは、
今ここにしかいません。

フラッシュバックしている時は、
人間、過去に意識がトリップしてしまっていますから、
身体に意識を向けることで、
今ここに戻ってこれます。

具体的には、
手と手をこすり合わせたり、
手を洗ったり、
つま先立ちしたり、
空気イスの姿勢になったり、、、

身体を傷つけないよう気を付けながら、
身体に刺激を与え、身体を感じることを
してみましょう。

私自身はカウンセリングで、
フラッシュバックを止めるエクササイズを
クライアントさんに伝えています。

自分自身もフラッシュバックを起こした時、
そのエクササイズをしています。

蛙化現象を起こした時のアファメーション

蓼食う虫も好き好き

これは、自己嫌悪、自己否定感が強くて、
蛙化現象を起こす人向きの
アファメーションです。

世の中、いろんな好みの人がいますから、
自分にとって、あまり好ましくない、
「えっーーー」て思えてしまう自分を
「この子、良いな。可愛いな。」と思い、
好意を持つ男性も存在するわけです。

こじらせてる女子がタイプ

その屈折ぶりに萌えるメンズというのも
少数派ですが、確かにいます。

※私は、ここで、蛙化現象に悩む女性の
自己嫌悪や自己否定感に同意したいわけではないですよ。
私は、どんな女性も可愛らしくて魅力的と思っている人間です。

なので、
蓼食う虫も好き好き

この言葉を唱えながら、
一度、その男性から向けられた好意を
受け取ってみるのは、
どうでしょうか?

性的な目で見られても
私は壊れない

性的な目で見られても
私は汚れない

キモい眼差し、エネルギーは
受け取らなくて良い
私はNOが言える

性的な存在である私はきれいだ

これは、自分が性的な対象として、
男性に見られることへの嫌悪感がある人向きの
アファメーションです。

巷にあふれる
アダルトな動画やサイトなどの影響や
痴漢や性被害に遭った経験から、
性的な対象として見られることは、
自分が男性の性欲のはけ口になることで、
自分が穢され(けがされ)、汚れる感じがする。
かつ男性に侵入される感じがする。

そこにたまらなく、嫌悪感がある。

マジ、オゲー!

そんな声を女性から聴くことがあります。

アダルトな動画やサイトは、
ある意味、性の歪んだ形です。

それらだけが、
性を表しているわけではありません。

本来、性とは、
人と交わる喜び、生きる喜びに基づくもので、
汚いもの、穢れたもの、
男性から侵襲されるものではありません。

そして、男性が自分に、
どんな眼差しを向けてきたとしても、
キモい眼差し、
キモいエネルギーには、
NOと言って良いのです。

自分が好ましいと思う
エネルギーだけ受け取って良いし、
受け取ることができます。

性的な存在として見つつも、
女性の人間性を尊重している男性は、
確かにいます。

性的な存在であることと、
キモい眼差しで見られないこと、
つまり、人間としての尊厳があることは、
共存します。

以上、ご参考になれば幸いです。

無料メルマガに、ご登録いただくと、
こじらせ女子を卒業するヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋
https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. 過去の失敗や間違いにとらわれ、自分を許せない時の処方箋
  2. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  3. 40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…
  4. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  5. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。

関連記事

最近の記事

おすすめ記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. かわいい、女らしいが苦手

    『女らしい』『かわいい』が苦手 女性であるってことに気後れしてしまう
  2. お金使えない症候群

    お金を使うのが怖くてケチケチするのをやめられない・脱お金使えない症候群
  3. 好きな人ができたことがない

    「好きな人」ができたことがない、誰かを好きという気持ち・恋愛感情が分からない私は…
  4. 自分を責めてしまう時

    過去の失敗や間違いにとらわれ、自分を許せない時の処方箋
  5. 感情を感じきるって、どういうこと?

    感情を感じきることが大事と言われるのでやってみましたが、上手く行かず余計辛くなり…
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.