私は人を好きになる資格がない

私は人を好きになる資格がない、私に好きになられても迷惑だろうという気持ちが強く、一生恋愛は無理かなと思ってしまいます

こんな私が人好きになってはいけない

こんな私に好きになられても迷惑だろう

そんな風に思えて仕方なく、

今まで一度も恋愛と言うものをしたことがありません。

男の人にちょっとでも惹かれたら、
自分ですぐにブレーキをかけてしまいます。

私には人に好かれる資格もないし、
人を好きになる資格もない。

このような悩みを抱えた人は、
結構、多いようですね。

この悩みの背景には、
自分は悪い存在だ、
自分はいけない存在だという想い、
つまり罪悪感が強いことが理由としてあります。

そして、
この「自分は悪い存在だ」
罪悪感「自分は行けない存在だ」と言う罪悪感が、
あまりにも辛いので、
自分でも、それに気が付くことすら、
難しくなっています。

今日は
「こんな私が人を好きになってはいけない」という思いや
その根っこにある罪悪感を手放し、
愛し愛される関係に、
自分を開いていくための処方箋を伝えていきます。

どうして自分は人を好きになる資格がないと思うのか?

そもそも、
どうして自分のことを
そんな風に
自分は人を好きになる資格がない
「悪い存在だ」「いけない存在だ」と
思うようになってしまったのでしょうか?

性的な面で成熟することをこじらせる

原因として挙げられることは、
思春期、第二次性徴期の頃、
子どもと言う無性の存在から、
性的な側面を持つ大人に成熟していく、

その過程をこじらせてしまったことがあります。

小学校5年生くらいから、
人は第二次性徴期を迎え、
女性なら初潮が始まり、
胸が大きくなり、
体全体が丸みを帯びた形になってきます。

棒のような少年体型から、
性的な魅力を持った
大人の女性の体つきに変わってきます。

そのことは生き物として、
全く自然なことなのですが、
そのように性的に成長する自分を
汚れてしまったと言う風に捉える人が
結構います。

タブー視される性

日本の社会では、
性的なこと、
例えば、
アダルトビデオだったり、
インターネット上での性的な写真や動画などが
あふれている一方、
性的なことやセックスと言うものは、
タブー視されています。
日常会話の中で、
オープンにリラックスして、
互いのセクシャルライフについて語りあうということは、
ほとんどありません。

これだけ、性的なことがあふれていながら、
やはり、それは秘め事です。

白昼堂々と、大きな声で語り合うことではなく、
夜、お酒を飲みながら、
密室で親しい人同士、
ひっそり語りあったり、
もしくは、
自分の性的な話を
ほとんど人にしないと言う人も
たくさんいます。

なので、性的に成長する、
無性の子どもから
セクシャルな魅力を持った大人になることは、
イコール
自分の中に秘め事を持つということになります。

性的な側面を持つ自分に罪悪感

自分が悪い存在、
汚れている存在、
「こんな私は、人を好きになる資格も、好かれる資格もない。」
と思ってしまう人は、
この秘め事を持ち始めた自分と言うものに対して、
過剰な恥や罪悪感を持っています。

この恥や罪悪感の強さは、
その人の両親から受け継ぐということが多いようです。

例えば、
テレビドラマでラブシーンが出てきて、
両親がさっとチャンネルを変えて、
さも何もなかったようなふりをするとか、

初潮を迎えた娘に、
母親が
「あんたも、これからはもう大人の女なんだから、
立ち振る舞いに気をつけなさい。」
「悪い男に引っかかるんじゃないわよ。」などと
性的に成長することに
マイナスのイメージを植え付けるなど。

性的に成長すること、
自分は性的な面を持った存在であるということを、
親からポジティブに受け止めてもらえなかった。

むしろ、
ネガティブなフィードバックしかなかったという経験は、
自分が性的な存在であること、
セクシャルな魅力を持った大人の女性になることに、
罪悪感を持たせ、
「私には人を好きになる資格も、好かれる資格もない」という想いを
形作ります。

他にも、
両親がセックスしているのを見てしまった、
聞いてしまったことだったり、

父親がアダルトビデオやアダルトな雑誌を
所有しているのを
見つけてしまったことだったり、

ちまたに溢れている
アダルトな動画や写真、文章から受ける
性に関するイメージだったりなど、

思春期に出会った
性に関する偏ったイメージが、
自分は汚れている存在だという思い込みの
原因となります。

親を愛せなかった自分に罪悪感

小さい頃、親を愛せなかったこと、
親を憎んでしまったことが原因となり、
自分を悪い存在、
自分はいけない存在と思い込むことがあります。

子どもというのは、
本当に愛の塊で、
父親と母親のことを、
深く深く愛しています。

だけど、親も生身の人間なので、
その子どもの深い愛をもってしても、
なかなか受け入れられない、
愛することができないという言動を
取ることがあります。

「親を憎んだ」
「親を嫌った」
「親を好きになれなかった」
そういう自分に罪悪感を持ってしまうのです。

自分は悪い存在、汚れている存在という思い込みを手放すには?

罪悪感は、まるで自分の皮膚のように、
自分に張り付いていて、
あまりにも強くそう思い込んでいるので、

これを手放す以前に、
この罪悪感に気付くこと、
気付いた後、
それを疑問視することすら
難しくなっています。

なので、いきなり、
「あなたは汚れていない」
「あなたは悪くない」と言われても、
それらの言葉は、
なかなか信じられない、
なかなか心に入っていかないことでしょう。

なので、まず最初は、
大きな罪悪感を持って生きてきた
そんな自分をねぎらう、
自分をいたわるというところから
始めるのはどうでしょう?

下記のような言葉を、
自分にかけてあげてみましょう。

「そんな風に罪悪感が強いにもかかわらず、
 今までよく生きてきたね。」とか、

「その罪悪感の中、本当によく生き延びたね。」とか、

「そんなに大きな罪悪感を抱えて生きるのは
 本当に大変だったね。」などなど。

このような言葉を自分にかけ、
まずは自分をねぎらい、いたわりましょう。

自分をねぎらい、いたわるような言葉が、
自分の心の中に浸透し、
少しずつ少しずつ罪悪感が薄らいできたら、

今度は次のような言葉を唱え、
罪悪感を手放していきましょう。

「もう私は、十分自分を責めてきた。
 私は自分を責めることを終わりにします。」

「私は悪くない」

「罪悪感を手放します」など。

これらの言葉を、
一日30回は唱えてみてください。

罪悪感と言うのは、
とてつもなく強力な感情なので、
何回も何回も唱えて、
自分が罪悪感の渦に引き戻されるのを
防ぐことが必要です。

罪悪感を手放す儀式をする

儀式といっても、
かしこまったもの、
大げさなものでなくても構いません。

例えば、
ある女性は、
自分がセクシャルな存在であることへの
罪悪感を手放すために、
21日間、お風呂に入るたびに、
塩で身体を洗い清め続けたそうです。

結果、自分のことを性的に汚れていると
思わなくなったと言います。

「私は罪悪感を手放す」と、
しっかり自分の腹で決めて、
自分のために行う儀式というのは、
非常にパワフルな効果もたらします。

ポイントは、
この儀式は
「自分が汚れた存在だから」といって行うのではなく、
あくまでも、自分が罪悪感を手放す、
そのきっかけ作りとして行うと言うことです。

神や仏、そのほかの誰かに、
許しを求めるため、

自分以外の誰かに、
自分の潔白を証明してもらうためではありません。

あくまで、
あなたがあなたの罪悪感を手放す、
あなたがあなたを罪悪感から自由にする。

そのための儀式です。

★番外編
痴漢に遭う、セクハラを受ける、
レイプ被害に遭うなど、
性被害を受けたことで
(そのことで人から責められたことも含む)、

自分は汚れた存在、
自分は価値のない存在、
自分には愛される価値がないなどという風に
自分のことを思う方もいます。

世間には、
性被害を受けた人が悪い、
性被害を受けたことによって汚れたなどと、
被害を受けた側を責める風潮があり、
性被害を受けたダメージに加え、
そのような風潮も大きなダメージ
(セカンドレイプと言います)となり、

性被害を受けた側の人は、
全く悪くないにもかかわらず、
「自分は穢れた」というイメージを
持ってしまう人が多いのです。

そのような場合、一人で抱え込まず、
性被害のトラウマを扱えるような
カウンセラーやセラピストに助けを求めることを
お勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。

無料メルマガに、ご登録いただくと、
こじらせ女子を卒業するヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋

https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  2. 自分を許せない時の処方箋~佐藤初女さんから直接もらった言葉を紹介
  3. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  4. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  5. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理って?

最近の記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. どうせ私なんてという口グセをやめる

    どうせ私なんて という思いグセ、口グセを止め自然に前向きになる5つのステップ
  2. 会社を辞めたい

    会社の人間関係が嫌でたまらず会社を辞めたい時の処方箋・心にしなやかさ(レジリエン…
  3. 行き詰まり

    人生に行き詰った時の処方箋~野茂選手から学んだこと
  4. 実家暮らし・親が死んだら、どうしよう?

    実家暮らし、独身、親が死んだら、どうしよう?と不安な時の対処法
  5. こじらせ女子とは?

    こじらせ女子とは?その意味、その特徴と、こじらせ女子を卒業する方法
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.