毒親育ちの婚活

毒親育ちでも幸せになれますか?毒親育ちの婚活

母親から壮絶な虐待を受けて育った
20代後半の女性です。

虐待は肉体的なもの、
精神的なもの、
両方ありました。

現在、親と絶縁し、
一人暮らし、婚活中です。

が、なかなかうまくいきません。

婚活で出会った相手は、
普通に自分の家族の話をしますが、
私は家族のことはもちろん、
自分の話もできなくて。。。

毒親育ちでも
幸せな結婚ってできますか?

今日はこんなご相談に答えていきます。

大人になってからでも
後付けで愛し愛される関係は学習できる

ご相談者さんの声なき声を拾うと、
私には、こんな風に聴こえます。

母からすさまじい虐待を受けたけど、
なんとか今は逃げることができた。

必死の思いで、あの毒母から離れた今、
家庭を持つこと、
つまり、人と信頼や愛情に基づいた関係性を、
長期的につくっていくことに、
挑戦したい、それをやってみたいと思っている。

親から愛されたという感覚が持てない私でも、
それができますか?

ってね。

あながち、外れてはいないと、
私は思うのですが、、、

ご相談者さん、いかがでしょう?

そして、母からの壮絶な虐待と一言で仰っているけど、
そんな風に表現できるようになるまでには、
様々な出来事、様々な思いがあったことでしょう。

それをくぐり抜けて、
今、お母さんと離れて、
自活している相談者さんがいる。

かつ、婚活に踏み出している。

これだけでも、すごいことだと思います。

お世辞抜きで、
心から尊敬します。

それだけの力を持った相談者さんが、
婚活というリングを前にして、
ぶっちゃけ立ちすくんでいる。

男性と、どう関わっていいか、分からない。
仕事上でのやり取りなら、
全く問題なくできるけど、
婚活となると、どうしていいか分からない。

男性への甘え方も分からないし、
自分の話をしようにも、
母親からの虐待の話は、
さすがに最初からはしづらい。。。

だけど、結婚はしたい。

いやはや、困った。。。
お手上げ・・・

そもそも、毒親育ちの私が、
幸せな夫婦関係なんて見たことも
聴いたこともない私が、
男性と上手くやっていけるのかよ。

そんな相談者さんの声も聴こえてきます。

だとしたら、
私はご相談者さんに
こんな風に伝えたいなと思います。

自分次第やでー

この言葉を毒親育ちを自認する
相談者さんに言うのは、
セラピストとして、
大きなリスクを感じますが、
私はそれでも伝えたいなと思います。

自分次第やでー
ってね。

「自分次第」って言葉は、
言い方や、相手との関係性によって、
突き放すようにも聴こえるし、
信頼を送られたようにも聴こえるでしょう。

私は、相談者さんに信頼を込めて、
「自分次第」という言葉を送りたいと思います。

恐らく、相談者さんが、
一番心配されているのは、
他者と親密な関係が作れるかどうか?と
いうことでしょう。

人と人が近づくことは良いことばかりじゃない、
人と人が近づくと暴力を受けることや、
侵入されることが起こり得ると、
お母さんから虐待を受けて育ったことで、
身に染みて知っている相談者さんだから、
不安になるのは当然だと思います。

そして、毒親育ちの自分に、
暖かい家庭が作れるだろうか?

そんな風に思うのも無理はないでしょう。

経験したことがないことだから、
よく分からないですよね。

だけど、だからこそ、
欲しくて欲しくてたまらないですよね。

私、思うのですが、
これって、後付けで、
何とでもなると思うんです。

毒親育ちの人が、
大人になってから、
練習、もしくは学習をして、
子どもの頃、体験したことがない、
新しい関係性を体験をすることって、
私はできると思ってます。

毒親育ちでも、
幸せな結婚生活を送っている人は
たくさんいます。

私、思うのですが、
そういう方たちは、
諦めなかったんだと思います。

幸せになることを。

そして、自分で自分を幸せにするため、
ありとあらゆる努力をした。

だから、繰り返しになりますが、

自分次第やでー

って伝えたいなと思います。

私は毒親育ちと定義することの
メリットとデメリット

「私は毒親育ちだから」と
自分を定義することには、
メリットとデメリット両方があると
私は考えています。

「私は毒親育ちだから」と定義するメリット

「私は毒親育ちだから」と思うメリットは、
親との間で起こった出来事が、
自分に大きく影響していることを
意識化できることです。

意識化できれば、
それに対する具体的な対策が取れます。

例えば、
相談者さんは、
お母さんから壮絶な虐待を受けたと仰ってますから、
恐らく、年上の女性が苦手だと思います。

年上の女性を目の前にすると、
自分でも知らず知らずのうちに、
重ねてみてしまい、
身体がこわばって萎縮したり、
逆にちょっとした物言いに反応し、
突っかかってしまったり、、、

そんなことがあるかもしれません。

「私は毒親育ちだから」と思うことで、
こういう自分の対人関係のパターンのからくりを
知ることができます。

知ることで、
そのパターンから
自由になる可能性が広がります。

相談者さんの例なら、
年上の女性=お母さんではない、
自分につらく当たるわけではないと気付け、
自分のパターンを崩していくことができます。

これが私が考える
「私は毒親育ちだから」と思うメリットです。

「私は毒親育ちだから」と定義するデメリット

じゃあ、「私は毒親育ちだから」と思うデメリットは、
そう思うことで、
自分で自分の可能性を狭めてしまうことです。

「私は毒親育ちだから」
結婚して暖かい家庭を作れるはずなんかない。

「私は毒親育ちだから」
人を信頼できない、人から愛されない。

そんな風に自分で自分に
呪いをかけてしまうことです。

被害者のポジションに、
自分を置き続けてしまうことです。

「私は毒親育ちだから」という定義を
自分を幸せにするために使う

私のお勧めは言うまでもなく、
自分を知り、
苦痛を伴う対人関係のクセから
自分を自由にするために、
「私は毒親育ちだから」と言う
定義を使うことです。

言い方を変えれば、
自分が受けたトラウマの影響を知り、
それを癒すきっかけとして、
「私は毒親育ちだから」という定義を使う。

それが良いと思っています。

つまり、「私は毒親育ち」と自覚して、
それから、どうするか?
それが大事だと思うのです。

サバイバーとスライバー

最後に、相談者さんに、
サバイバーとスライバーの違いについて、
伝えたいなと思います。

サバイバーとスライバーの違いについては、
精神科医の斎藤学氏の下記のサイトに
詳しく書いてくださっているので、
もしよかったら、読んでみてください。
https://www.iff.co.jp/ssworld/mssg/mssg_6.html
出典・斎藤学(精神科医|家族機能研究所代表)ブログ
精神科医・斎藤学からのメッセージ「マリの物語」より

でね、サバイブsurviveは生き残ること、
スライブthriveは成長することです。

サバイバーは生き延びた人、生存者、
スライバーは成長した人です。

齋藤氏は、このように言います。

サバイバーは、自分が受けたトラウマによって、
未だに自分は生き辛いと主張している人。

斎藤氏によると、
「今、わたしがこんなに生きにくいのは、
親(その他の加害者)によって、
あのような目に合わされたからだ」と
考えるようになった人。

一方、スライバーは、
「サバイバーであることを主張する必要のなくなった人」のこと。

「必要がなくなった」とは、
自分がサバイバーであることが、
それほど重要なものと感じられなくなって、
口にも出さなくなったという意味です。

サバイバーであるという自覚はあるのですが、
「それがどうした」という感じの人です。
(引用終わり)

私自身、自分はサバイバーだと自覚してから、
自分はスライバーと言っていいかなと思えるまで、
20年以上かかってしまいました。

※今は、癒しのスキルや環境も、
当時と違って、数段進歩しているので、
そんなにかからないかなと思います。

斎藤氏が言うように、
サバイバーよりスライバーの方が
数段、生きやすいです。
数段、生きるのがラクです。

じゃあ、どうしたら、
サバイバーからスライバーになれるか?
それが知りたいところかと思いますが、
これは一足飛びには行かない話です。

一つポイントを挙げるとしたら、
罪悪感をゆるめること。

このブログにも、罪悪感については、
何回も書いてますが、
すべての元凶が自分を責めること、
罪悪感を持つことにあると言っても
過言ではないでしょう。

理想の人間なんていないんです。

理想の親も、理想の家庭もないんです。

そんなものが、どこかにあると思うから、
その頭の中の理想と、自分を比べて、

自分を責めたり惨めに思ったりして苦しくなる。

まあ、私は私でいいじゃん。
私は私なりによくやってるじゃん。

日々、ボチボチ。

当社比、私は私でOK。

開き直り、居直りのように聞こえるかもしれませんが、
最初は、それでいいと思います。

そうやって、自分で自分を受け入れて、
自分にOK出せたら、
婚活も上手くいくのでは・・・と思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

無料メルマガ配信中
心が晴れる「幸せ力」の育て方

登録はこちらから

 

無料診断・そのグルグル思考を止める方法はこれだ!
無料診断はこちらから

 

声で聴けるブログ多数あります→音声ブログ特集へ

 

ピックアップ記事

  1. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  2. 過去の失敗や間違いにとらわれ、自分を許せない時の処方箋
  3. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  4. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  5. 40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…

関連記事

  1. 私は人を好きになる資格がない

    遊ぶことや楽しむことに罪悪感があり、気の休まる暇がない時の処方箋

    小さい頃から、遊ぶこと、楽しむことに後ろめたい気持ちを感じてし…

  2. 母に嫉妬される

    実の母が娘を嫉妬するってありますか?母が娘をライバル視する心理

    母親が娘に嫉妬することってありますか?私の母は、私が小さい頃か…

無料診断・あなたのグルグル思考を止める方法はこれだ!
診断はこちらから

最近の記事

おすすめ記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. NOと言えない、頼まれると断れない

    興味がない男性からの誘いをはっきり断ることができず、期待され続け、押し切られそう…
  2. 彼氏とのことでの悩み

    彼氏にだけキレる自分をなんとかしたい、彼氏にヒステリックになるのを治したい時の対…
  3. 男性の脈ありサイン

    思わせぶり男子の見分け方・思わせぶり男子3タイプ
  4. 人を好きになるのが怖い

    昔の失恋が辛すぎて、人を好きになるのが怖い時の処方箋
  5. 感情を感じきるって、どういうこと?

    感じ切れば嫌な感情を手放せると言われたのでやってみましたが、上手く行かず余計辛く…
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.