独身ハラスメント

売れ残りと言われ、独身だからと同情されたりバカにされたりする、未婚いじり、独身ハラスメントへの対処法

こんばんは。

こじらせ女子の専門家
マリアです。

20代後半から30代後半くらいの女性から、

周りの未婚いじりが半端なくて、
面倒くさくて仕方ない。

独身だというだけで、
周りから、いろいろと詮索され、
時にはさげすまれたり、説教されたり、
哀れだ、惨めだ、気の毒だと言われたり、、、

ちゃんと働いて、税金払っているんだから、
別にいいでしょ!
頼む!私のことは放っておいてくれ!と
叫び出したいのを日々こらえているほど。

本当の本当にうんざりしている。

そんな声をよく聴きます。

未婚いじりは独身ハラスメントとも言われる

最近では、未婚いじりを
独身ハラスメント、
シングルハラスメント、
ソロハラスメントなどとも言うそうです。

独身ハラスメントの具体例

私も30代の頃、
この独身ハラスメントに、
さんざん遭いましたね。

主な相手は、
両親、親せき、
そして職場の人でした。

特に女性からの
独身ハラスメントは
激しいものがありました。

「どうして結婚しないの?」に始まり、

「子どもが欲しいなら、
早く結婚した方が良いよ。
年取ってから産むと大変だから。」

「別れてもいいから、
子どもだけは産んだ方いい。」

「ぼやぼやしてる暇なんかないわよ!
自分の歳考えな!」

「今が最後のチャンス!」

「ずっと独身なのは、
不倫してるからに違いない」

「今はいいけど、年取った時が寂しいよ。
誰も面倒みてくれなくて、
一人寂しい老後が待ってるわよ。」

「今、好きやってやって、
自由を楽しんでいるんだから、
老後が寂しくても自己責任だからね。」

などなど。。。

改めて、こうしてブログに書いてみると、
みんな、自分の思い込みでもって、
言いたい放題言ってますね~

独身ハラスメントを受けた
当時の自分に伝えたいこと

当時は言われたことを真に受けて、
本気で傷ついたり落ち込んだりしていました。

当時の自分に言いたいです。

未婚いじりを真に受けなくていいぞー

独身でも、家庭持ちでも、
人生いろいろ、
楽しいことも、辛いことも、
誰にだってある

結婚したって、
寂しい時は寂しいし、
子どもがいたって、
老後が安泰とは限らないぞー

ってね。

40を過ぎると
途端に未婚いじりはなくなりました。

その代わり、
結婚や子どもの話題になると、
周りからは、
「腫れ物に触れる」ような空気が
にじみ出ます。

もしかしたら、
これも無言の独身ハラスメントとも
言えるのかもしれません。

独身ハラスメントへの対処法

何と言っても、
相手にしない、無視する、スルーする。

これに限ります。

独身ハラスメントをしてくる人たちは、
結婚すること、家庭を持つこと、
子どもを持つことが、
独身でいることより素晴らしいと
信じています。

結婚してないことは、
孤独で寂しく不幸せ。

結婚してない人は、
人格に何か問題がある。

ぶっちゃけ、それくらい思ってます。

そして、世間も、
その信念を後押ししています。

酒井順子さんの
「負け犬の遠吠え」という本が、
ベストセラーになりましたが、
酒井さんは、
この独身ハラスメントに対して、
一回負けて、負けを認めた。
かつ負けることで、
独身ハラスメントを超えた。

含んで超えた、そんな感じ。

なのに、
酒井さんの意図とは反して、
マスメディア始め、
世の中は「負け犬」という言葉を
独身ハラスメントの道具として使った。

そんなことが、
あの負け犬、勝ち犬という言葉が
流行した背景にはあったのでは?なんて
私は思っています。

私のお勧めは、
負け犬でも勝ち犬でもなく
ノラ犬で行きませんか?ということ。

結婚しても、いろいろあるし、
結婚しなくても、いろいろある。

誰もが、本当は、
結婚すること=幸せのパッケージ商品でないと
気付いていると思います。

だから、結婚ということで、
女性を、男性を分けるのはやめませんか?

結婚してもしなくても、
自分という人間一人分の人生を
まっとうすることには変わりません。

負け犬でも勝ち犬でもなく、
サバンナの野生動物のように
ただ自分を生きる。

それが良いなと思うんです。

だから、繰り返しになりますが、
未婚いじりに遭ったら、
同じ土俵に乗らないのが一番。

華麗に優雅にスルーしましょう。

独身の人にも
家庭持ちの人にも贈りたい
樹木希林さんの言葉

最後に樹木希林さんが、
不登校や引きこもりを
経験した、経験中の人たちが作る新聞、
不登校新聞の取材で語った言葉を
紹介したいと思います。

やっぱりがんになったのは
大きかった気がします。

ただ、この年になると、
がんだけじゃなくて
いろんな病気にかかりますし、
不自由になります。

腰が重くなって、
目がかすんで
針に糸も通らなくなっていく。

でもね、それでいいの。

こうやって
人間は自分の不自由さに仕えて
成熟していくんです。

若くても不自由なことは
たくさんあると思います。

それは自分のことだけではなく、
他人だったり、
ときにはわが子だったりもします。

でも、その不自由さを
何とかしようとするんじゃなくて、
不自由なまま、
おもしろがっていく。

それが大事なんじゃないかと思うんです。

https://futoko.publishers.fm/article/18906/ より引用

私、結婚しても、結婚しなくても、
人間、希林さんの仰るように
どこか不自由なところがあると思うんです。

結婚したらしたで、
いつもラブラブというわけではなく、
結婚相手と一緒にやっていくための
努力や気遣い、
時には我慢もあることでしょう。

結婚しなければ、自由か?と言うと、
決して、そうではなく、
一生、自分で自分を養っていく責任や、
孤立のリスクもあるでしょう。

どう生きても、
生きてる限り、
不自由はつきものです。

だから、希林さんが仰るように、

不自由なまま、
おもしろがっていく

それに尽きると思うのです。

以上、ご参考になれば幸いです。

無料メルマガに、ご登録いただくと、
自分を好きになり毎日を楽しく生きるヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋
https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  2. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  3. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  4. 過去の失敗や間違いにとらわれ、自分を許せない時の処方箋
  5. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理と対処法

関連記事

  1. 40代独身女性

    40代独身女性です、何を目標にして生きればいいのか、分からなくなってます。

    こんにちは。こじらせ女子の専門家マリアです。40代の未婚女…

  2. 独身女性・孤独

    友達が欲しいのに、人付き合いがおっくうでめんどくさい。こんな時の処方箋

    一人暮らしの40代OLです。結婚していません。友達がいませ…

  3. 40代独身女性

    自分の人生は無意味だなと思い、早く人生を終わらせたいと思っている40代独身女性へ

    結婚できなかった。もちろん、子どももいない。これから婚活す…

  4. 40代独身女性

    人生に疲れた40代女性への処方箋

    このブログは音声でも聴けます。パート1パート2…

最近の記事

おすすめ記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. ぐるぐる思考・反芻思考を止める

    実家を出て一人暮らししたいけど、親を残して出ていくことに罪悪感があり踏み切れずに…
  2. 彼氏とのことでの悩み

    彼氏がセックスした途端、冷たくなりました~初めて、その彼とセックスする前に知って…
  3. 感情を感じきるって、どういうこと?

    感じ切れば嫌な感情を手放せると言われたのでやってみましたが、上手く行かず余計辛く…
  4. 人を好きになる資格がない

    私は人を好きになる資格がない、私に好きになられても迷惑だろうという気持ちが強く、…
  5. モラハラ彼氏・モラハラ夫

    モラハラ彼氏と別れたくて別れたけど寂しくて寂しくて後悔している時の対処法
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.