NOと言えない、頼まれると断れない

人からの頼みを断れない、ノーと言えない、断るのが怖い自分がいて悩んでいます。

「頼まれると嫌と言えない」
「誘われると断れない」など、
NOが言えなくて困っている。

そんなご相談を受けることがあります。

NOと言えない理由は、
ずばり相手の気持ちが気になるから。

断りたい時、気持ちよく断る。
NOと言いたい時、爽やかにNOと言う。

そのためには、
相手との関係に葛藤が生じること、
相手との関係に緊張が生じることに
持ちこたえるだけの
心の力をつける必要があります。

かつ、自分は相手からの要求に応えなくても
この場に存在していて大丈夫と思えるだけの
自尊感情を育てる必要もあります。

今日は、断りたいの断れない、
その理由と対処法を
伝えていきます。

1 Noと言うことが難しくなる理由

NOと言いたくても
なかなか言えない人の心の中では、

NOと言った結果、

相手に嫌われたら
どうしよう・・・

相手が怒ったら
どうしよう・・・

相手に見捨てられたら
どうしよう・・・

相手の自分に対する評価が下がったら
どうしよう・・・

自分の立場が悪くなったら
どうしよう・・・

などと考え続けています。

先取り妄想&不安してしまい、
その不安にからめとられて、
NOと言えなくなっているのです。

ここでのポイントは、
実際、相手にNOと言ったら、
相手がどんな反応をするか?は
その時になってみないと
分からないと言うこと。

NOと言ったら
相手が気分を害する、
相手との関係がまずくなる、
自分の立場が悪くなる
と自動的、反射的に思ってしまっているということ。

このことから、
NOと言いたくても、
なかなか言えないという人は、

もし自分が相手の頼みを断ったら、
自分が相手のニーズを満たさなかったら、
相手は気分を害し
自分の立場が悪くなるだろう。

そんな思い込みを持っていると言えます。

この思い込みのせいで、
NOと言うことが難しくないるというわけです。

また、
自動的、反射的に、
相手のニーズを満たそうとし、
相手にYESと言う癖がある人は、
NOと言う以前に、
自分の中のYES NOに気付くことが
できなくなっています。

このような場合も当然ながら、
NOと言うことが難しくなります。

2 NOと言いたくても
なかなか言えない時の対処法

【短期的な対処法】

NOと言いたくてもNOと言えない時、
人は「NOと言いたい気持ち」と
「相手に嫌われるのが怖い気持ち」のはざまで
揺れ動いています。

自分のニーズ、気持ち、感覚を優先するか?
他人のそれらを優先するか?で、
思い悩んでいるのです。

こんな時は、まず、
自分の気持ちや考えを
紙に書きだしてみましょう。

下記のように自分に問いかけてみてください。

「NOと言うことで、
 何が起こりそうなんだろう?」

「NOと言うことで、
 私が一番恐れていることは何だろう?」

問いかけてみて、
思い浮かんだことを
ノージャッジで、
自動書記のような感じで
書き出してみてください。

書き出したことを眺めて、
これって本当かな?
本当にこういうことが起こるかな?
と冷静に検討してみてください。

例えば、
会社で同じサークルに入っている
男の同僚に2人で飲もうと誘われたけど、
そんなに親しくもないし、
好きなタイプでないので行きたくない。

だけど、なんとなく断りづらくて、
メールの返事を先延ばしにしている。

そのことを考えると、
憂うつで気が重い。

そんな悩みを持っていた女性がいました。

Aさんとしましょう。

Aさんがこのワークをやってみたところ、
誘いを断ることで、
サークルに居づらくなる、
引いては、
会社にも行きづらくなる
そんな不安を持っていたことに気付かれ、

誘いを断って、
サークルや会社に居づらくなることって
本当にそんなこと起こるかな?
と考えてみたそうです。

すると、すぐにその不安が
現実的でないことに気付き、
結果、はっきりと断れたそうです。

noと言うことで起こりそうなことを
書き出してみることは、
このように自分の恐れや不安が
現実的なものかどうかを
冷静になって考えてみることの
役に立ちます。

【根本的な対処法】

頼まれたら、なかなか断れない
嫌なことにnoが言えない

そんな方は、
1でも書いた通り、
『もし私がNOと言ったら
 相手に嫌われるだろう』

『もし私が相手のニーズを満たさなかったら
 私には価値がないだろう』

そんな思い込みを持っている人が
ほとんどなので、
この思い込みを変える必要があります。

こういう思い込みを変えるには、
個人差もありますが、
時間がかかることがあります。

心の深いところで
思っていれば思っているほど、
この思い込みを変えることが難しくなるし、
時間もかかります。

※心って、まるでミルフィーユか、地層のように、
 多層構造になっているのです。

NOが言えない
断れないという状態が
長く続いている場合は、

『もし私がNOと言ったら
 相手に嫌われるだろう』

『もし私が相手のニーズを満たさなかったら
 私には価値がないだろう』

こんな思い込みを
心の深い層のところで
持っている可能性が高いので、

カウンセリングやセラピーを受けて、
つまり第三者の手を借りて、
この思い込みを書き換えるということが
必要となってくるかなと思います。

自分一人では、心の深い層に
なかなか手が届かないんですね。

自分の横顔は、
三面鏡を使わないと見れない。

それと似ています。

この思い込みを書き換えるというのと
密接につながっているのですが、

NOが言えるようになるためには
「自己価値を上げる」
「自尊心を高める」ということも
大事になってきます。

自己価値や自尊心が低いと、
人のニーズを満たし、
人から必要とされることで、
やっとこさ、
自分の価値を認められる、
生きていていいって思える。。。

そんな風に思ってしまうのですね。

なので、
相手に嫌われても、
相手に必要とされなくても、
自分には価値がある。

自分に無理くり言い聞かせなくても、
自然にそう思えるようになる。

それがとても大事です。

それには、
自分の中の小さな子どもを
育て直すことが必要となります。

3 NOと言うための実践的なスキル

和を重んじる日本社会では、
相手にはっきりとNoを言うことを
避ける傾向にあり、
Yesと言うよりNoと言う方が、
数倍、コミュニケーション能力や
エネルギーが必要となってきます。

だけど、
できないこと、
したくないこと、
されて嫌なことに、
Noと言えないことが積み重なると、
大きなストレスを抱えたり、
自分が窮地に立たされたりすることもあるでしょう。

ここではNOと言うための
実践的なスキルを伝えます。

◇とりあえず黙る。
 メールの返事をしない。

何か頼まれて、
もしくは誘われて、
NOと言いたくても言いづらい時は、
まずは、すぐにYSEと言わないこと。

少しの時間、黙ってみたり、
メールなら返事をしないでいる。

そして、どんな風に伝えたら、
相手との関係が悪くならず、
自分のNOが表現できるか?
作戦を練りましょう。

この時のポイントは
白黒思考にならないこと。

相手からの頼み、誘いに対して、
YSEかNO、どちらかしかないと考えると、
NOと言うことが重くなります。

NOと言いたくても言えない人は、
相手から、何か頼まれたり、誘われたりしたら、
100%YESと言うか、
100%NOと言うか、
どちらかしかないと決めつけ、
自分で自分を追いつめているところがあります。

白黒思考を止めて、
白と黒の間には、
無数のグレーがあることを
思い浮かべましょう。

そして、相手も自分も尊重するような
断り方、NOと言う方法を考えてみましょう。

◇嘘も方便、ストレートにNOと言わなくてもいい

なかなかNOと言えない人は、
真面目で良い人が多いです。

そのため、NOと言う時も、
正直にストレートにNOと言わなければ!と
思ってしまうこともしばしば。

だけど、人生、直球だけではなく、
変化球も投げれた方が生きやすいです。

たくさん話したり、メールに書いたりする必要はありません。

「ちょっといろいろあってできない」とか
自分がやりたくないからしないというのではなく、
事情があってできないということにして
断りましょう。

この時、
長く説明&言い訳しないことが
ポイントです。

大丈夫、ほとんどの場合、
相手に
「やりたくなんだな」
「来たくないんだな」ということが
伝わります。

それでも、そんな風に表現すれば、
人間関係に角が立たなくて済むことが
多いでしょう。

★番外編
こちらのことを尊重せず、
相手にとって都合がいいだけのことを頼まれた時は
毅然とはっきり断る。
それができなければ逃げても良い。

例えば、
以前、ある男友達に飲みに誘われて、
2人で飲んでいた時に
「マッサージするから、家に泊めて。」と
言われたことがありました。
※これって、どう考えても、
 セックスさせてと言うことですよね。

その男友達のことを全く好きでなかったので、
その時は「部屋が散らかっているからダメ」と
断りましたが、
後日、段々腹が立ってきて、
Facebookでブロックして、
彼との関係を断ちました。

こちらの気持ちや事情を汲まず、
相手にだけ都合が良いことを頼んでくる。

こういう時は、自尊心を守るためにも
毅然とはっきり断ることが大事です。

NOと言うことに慣れてなくて、
なかなかはっきり言えないかもしれません。

そういう時は、
相手との関わりを断つのもありかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

無料メルマガに、ご登録いただくと、

こじらせ女子を卒業するヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋

https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  2. 40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…
  3. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  4. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  5. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理って?

最近の記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. 会社を辞めたい

    会社の人間関係が嫌でたまらず会社を辞めたい時の処方箋・心にしなやかさ(レジリエン…
  2. 寂しさ

    寂しさへの処方箋~一人でいられる能力を育てる
  3. 人の顔色ばかり伺ってしまう

    人の顔色ばかり伺ってしまう自分に疲れイライラする 顔色を伺うことをやめたい
  4. 人付き合いに疲れた時

    人間関係に疲れた時の処方箋『分かって欲しい』と言う気持ちと上手く付き合うと人間関…
  5. 人付き合いに疲れた時

    人間関係をリセットしたくなる癖や衝動をどうにかしたい・人間関係リセット症候群の原…
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.