かわいい、女らしいが苦手

『女らしい』『かわいい』が苦手 女性であるってことに気後れしてしまう

◇綺麗な人、可愛い人を見ると、
 自分と違う人種に見える。

◇男性に、女性扱いされると、
 私なんて、、、と気後れしてしまう。

◇女性らしい格好をすることが恥ずかしい、
 もしくは恐ろしい。

セラピーの現場で、
結構よく聞く言葉ですね。

私自身も、10年くらい前まで、
そうでした。

スカートは一枚も持ってませんでしたね(笑)

今日は『女らしい』や『かわいい』が苦手で、
自分が女性であることに気後れしてしまう
そんな時の処方箋を伝えていきます。

自分が女性であることに気後れする原因

男性との関係でこじらせている

「女らしい」「かわいい」と思われること、
そう思われたいと思うことが、
男性に媚を売るよう、
男性に負けたように感じる。

だから、
「女らしい」とか「かわいい」は
苦手という人がいます。

苦手と言うよりは、
「女らしい」「かわいい」なんてクソくらえ!
くらい思っているかも。

このタイプの人は、
過去に男性との関係で
裏切られる、攻撃を受ける、など、
深く傷つく体験があった方がほとんどです。

具体的に言うと
父親や兄・弟からの暴力があった。
痴漢に遭ったり、
性被害を受けた経験があるなど。、

その後遺症で、
「男性と競争してしまう」
「男性に敵対心がある」
「男性を心のどこかで見下している」
「男性に対して嫌悪感がある」
「男性が怖い」
一言で言うと
男性を信用できなくなっています。

母親や姉・妹との関係でこじらせている

◆母親との葛藤

「私は女性として結構イケてる」という自信を、
ほとんどの女性は、母親から受け継ぎます。

なのに、その母親から、自信をつけてもらうどころか、
自信を奪われるようなことを言われる。

例えば、母親から、
「アンタは一重まぶただから、
平安時代に生まれていたらモテたのに
(今の時代に生まれて残念)。。。」とか
「そんなに色黒じゃ、お嫁にいけない。」とか
「アンタはブスだから、勉強で頑張らないとダメ!」とか
など、容姿についてダメ出しをされた経験がある。

自分が女の子であること、
引いては女性であることを、
褒められたことや肯定された経験が
ほとんどない。

初潮を迎えた時、きちんとケアしてもらえない、
胸が大きくなってもブラジャーを買ってもらえない、
などの経験がある。

これらは、自分が女性であることを
誇りに思うことへの大きなダメージになります。

◆姉・妹との葛藤

お姉ちゃんや妹と、外見を比べられて育つ。

お姉ちゃんばかり、
妹ばかり、
外見を誉められ、
自分は女の子としては、
残念な存在として扱われる。

逆に、自分ばかりが外見を誉められたため、
お姉ちゃんや妹に嫉妬され、
時には嫌味を言われたり、
無視されるなどの攻撃を受ける。

これらも、自分が女性であることに
自信が持てない大きな原因となります。

自分が女性であることをこじらせている

男の子が欲しかったのに、
女の子が生まれ、
周りの大人ががっかりした話を
しょっちゅう聞かされて育ったことなども、
自分が女性として自信を持てない原因となります。

また性的なトラウマを受けたことがあると、
女性であること自体が危険という思い込みや、
自分は汚れた存在で、女性として劣っているという思い込みを
持つ原因となります。

女性であることへの気後れを解消する

自分の顔の中で好きなところを見つけて、毎日褒めてみる

自分の目で、自分を見て、自分を誉めるということをやってみましょう。

母親はじめ、自分以外の他人が、
自分の外見について言ったことを
100%真に受ける必要はありません。

一部分で良いので、
自分の顔で好きなところ、
なかなか良いな!と
思うところを探しましょう。

誰にだって、
どこか一つは素敵なパーツがあるはず。

見つけたら、
そのパーツを毎日、誉めまくります。

誉めることに抵抗があったら、

最初は、
「ちょっと良いかも。。。」とか
「なかなか悪くないぞ。」とか、
「結構、いいじゃん!」とか
「私的には、」
「当社比でだと、」などという
枕詞をつけてみましょう。

例えば、こんな感じ。
「私の目の形って、ちょっと可愛いかも。」
「私の唇って、なかなかセクシー♡かっこ当社比!」
などなど、、、

できる範囲で、徐々に徐々に、
自分の顔を誉めていきましょう。

他人が、自分のことを、どう思うかより、
自分が、自分をどう思うかが大事です。

そして、自分が自分を可愛い、綺麗と思えば、
本当にそうなってくるんですよ!

自撮りセラピー

自撮りしまくって、自分の一番可愛い顔を研究する。

自撮りセラピーのやり方は、
ごく単純。

自撮りしまくるんです。

自撮りする中で、
自分の顔を研究する。

自撮りする時、意識して欲しいことは、

◇私のどういう表情が
一番きれいだろう?可愛いだろう?

◇私の顔って、どの角度から見たら、
一番きれいだろう?可愛いだろう?

◇私の顔の良いところ、魅力的なところって、
どこだろう?

とにかく、いっぱい自撮りして、
自分の一番良い顔、可愛い顔を研究する。

そして、自分が可愛く撮れた写真を
いっぱい残す、集める。

この時の可愛い、きれいは、
当社比でOKですよ!

自分で自分を可愛い、きれいと思えるか?
それが一番大事です。

部屋着をスカートに変えてみる

家でくつろいでいる時の服装を、
スカートに変えてみましょう。

スカートを履くと、否が応でも、
自分が女性だってことに意識が向きます。

自分の家、自分の部屋という、
安心安全な空間で、
自分が女性だという感覚を味わってみましょう。

パンツスタイルの時よりも、
物腰が柔らかくなる感じを楽しんでみましょう。

普段着をスカートに変えてみることから、
自分の意識を少しずつ変えていきましょう。

ピンクや赤など、女性らしい綺麗な色の小物を身につけてみる

ピンク、
それは女の子の気分を
一番上げる色ではないでしょうか?

それゆえ、
ピンクは苦手。
そんな女の子らしい色、気後れしてしまう。
という人もいるかも。

そういう人こそ、
あえて、ピンクに挑戦してみましょう。

最初は、ハンカチやテッシュケースなどの
あまり金額が高くない、
ちょっとした小物から始めて、
手帳や財布、セカンドバック、

そして、
最後はピンクのスカートやブラウスなど、
ピンクの洋服を身につけてみましょう。

ピンクより、
赤色の方が身につけやすいという人は、
赤色に挑戦してもOKです。

トラウマを癒す

上記のワークを続けながら、
かつトラウマを癒していきましょう。

トラウマの扱いには注意が必要です。

無理に向き合おう、
向き合わないと女性としての自分を
肯定できないなどという焦りや力みは、
余計、事態を悪化させます。

トラウマを取り扱う時は、
まず安心安全を確保すること。

それに向き合うだけの心の強さを
育ててからにすること。

※私自身は自分をトラウマを扱うために
専門家の助けを借りました。

安心安全を確保した上で、
自分の中にいる
男性との関係で傷ついた自分、
母親や姉・妹との関係で傷ついた自分に
心の栄養となるような言葉・
アファメーションを与えたり、

トラウマを受けた時感じた気持ちを
安心安全な場で
表現するのもよいでしょう。

まとめ

◎母親や女兄弟など、他人の目で、自分を見ることから、
自分の目で、自分を見ることに移行する。

つまり、他人軸から自分軸にシフトする。

◎少しずつ女性らしい格好をしてみる。

◎女性であることに気後れする原因となった
トラウマを癒す
(必須・安心安全の確保)

この3つのアプローチを、
自分のペースで行ってみることで、

少しずつ自分が女性だということに
気後れしなくなります。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

無料メルマガ配信中
心が晴れる「幸せ力」の育て方

登録はこちらから

 

無料診断・そのグルグル思考を止める方法はこれだ!
無料診断はこちらから

 

声で聴けるブログ多数あります→音声ブログ特集へ

 

ピックアップ記事

  1. 過去の失敗や間違いにとらわれ、自分を許せない時の処方箋
  2. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理と対処法
  3. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  4. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  5. 40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…

最近の記事

おすすめ記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. HSP生き辛さの対処法

    HSP提唱者・アーロン博士が「人生最後の講義」で伝えたいこと
  2. 恋愛経験がないことがコンプレックス

    30代女性、彼氏いない歴年齢、恋愛経験がない自分に劣等感を抱いてしまい、毎日辛い…
  3. 自分を好きになる

    自己価値を上げる 自分を好きになる それができないと自分を責めた時の処方箋
  4. 人を好きになる資格がない

    私は人を好きになる資格がない、私に好きになられても迷惑だろうという気持ちが強く、…
  5. 毒親育ちの婚活

    毒親育ちでも幸せになれますか?毒親育ちの婚活
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.