容姿コンプレックス

自信を持つとはどういうこと?それを深く考えさせられる映画『アイ・フィール・プリティ』を紹介(ネタバレあり)

こんにちは。

こじらせ女子の専門家
マリアです。

今日は、
セルフイメージって何だろう?
自信って何だろう?と
深く考えさせられる映画を観たので
紹介したいと思います。

映画の名前は
『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』

この映画、
ラブコメディーで、
めちゃくちゃ笑えるのですが、
あとから、じわじわじわじわ、
いろんなことを考えさせられる
すごく深い映画なんです。

映画の中では、
自分のことを冴えない女性だと思い、
全く自信が持てない女の子レネーが、
ある日、事故で頭を打ち、
それがきっかけで、
何一つ外見は変わってないのに、
レネーの目には、
鏡に映った自分が、事故前の自分とは全然違う、
スタイル抜群の美女に見えるようになります。

この勘違いが生んだ様々なハプニング、
そして恋を描いたラブコメディーです。

Youtubeで予告編を観ただけで、
ヒロインの変貌ぶりに感動し、涙ぐみ
翌日、さっそく劇場に足を運び、
本編を観てきました。

それくらい、私をノックアウトした
ヒロインの変貌ぶり。

予告編の動画からだけでも、
それがかなり伝わってくるかと思います。

予告編は下記より観れます。

姿形は何も変わってないのに、
自分が自分に持っているイメージ・
セルフイメージが変わっただけで、
こんなに表情や行動が違うなんて!

そして、セルフイメージの変化によって、
こんなに人生も変わるなんて!

セルフイメージというものが、
大きくその人の物の感じ方や行動、
引いては人生に影響すると知ってはいたけど、
それをこの映画はすごく分かりやすく
見せてくれます。

セルフイメージが人に与える影響を
体感したい方には、
おすすめしたい映画です。


レネーの彼氏イーサン↑

映画の中で、
私が一番セルフイメージが
人に与える影響を
目の当たりにしたシーンは、
ヒロイン・レネーが
ビキニ・コンテストに飛び入りで出て、
舞台でキレキレのダンスを
披露するシーンです。

ビキニ・コンテストは、
スタイルも顔も抜群の美女ばかり。


この動画の2分15秒くらいのところにダンスシーンが出てきます。

その中に、レネーが出てきて、
観客は最初、正直
「え???なんで、この子が?」
という反応をします。

だけど、自分をスタイル抜群の美女だと
思い込んでいるレネーは、
そんなことお構いなし、
観客の前で、
思い切り自分を開放して、
踊りまくります。

その自信たっぷりの踊りっぷりに、
段々と観客は魅入られ、
彼女、悪くない、イケてるじゃん!と
思い始めます。

私は常日頃、
人が人と接する時、
一番反応しているのは、
その人の姿形ではなく、
その人が発している
目に見えない
エネルギーのようなもの、
いわゆるオーラだと思っています。

このビキニ・コンテストのシーンでは、
まさにそれを実感しました。

観客は、レネーの姿形に反応するのではなく、
レネーが自信満々で、
自分が自分であることを
心から楽しんでいるエネルギー、オーラに
魅入られたのです。

ここまで、
自分に自信が持てたら、
どんなにいいだろう?

ここまで、
自分に自信があるって、
どんな感じだろう?

レネーの自信たっぷりの振る舞いに、
私は心底、こんな風に思ったのですが、
みなさんはいかがでしょう?

頭ではレネーのように、
自分に自信を持ち、人生を楽しみたい!
そう思っても、
実際、行動するとなると、
そうはいかない。。。
というのが現実かもしれないですね。

↓ここからはネタバレあり↓
実は、映画の後半で、
レネーは再度、頭を打ち、
そのことをきっかけに、
レネーの自分の外見に対する勘違いは解け、
以前と同じ外見であるということに気付きます。

気付いて、
恋愛も仕事もほっぽり出して、
家に引きこもってしまいます。

レネーの自信は、
勘違いが解けたことにより、
瞬時に跡形もなく
崩れ落ちてしまったのです。

ちょっと意地悪な視点かもしれませんが、
レネーの自信は、
自分はスタイルも顔もバツグンの美女である
自分は以前のぽっちゃりした冴えない女性ではないと
いうところから来ています。

つまり、
レネーの自信は、
自分の外見は他人から見て
美しいということを根拠とした
自信だったのです。

以前、別の記事で、
自信には
『存在レベルの自信』と
『能力レベルの自信』があると書きましたが、
レネーの自信は、
外見が美しいという能力レベルの
自信だったというわけです。

◇自分に自信がなくて、いつも恋愛が上手くいかない時の処方箋
https://kikugawamaria.com/archives/1807.html

この展開に、
私は胸が痛くなり、
ハラハラしました。

外見なんか関係ない!
レネーはレネーなんだから
自信持って!って、
スクリーンに向かって
叫びそうになりました(笑)

だけど、映画の最後に
レネーは引きこもり状態から脱し、
自分の外見はずっと同じだったことに気が付きます。

そして、みんなの前で、こう言います。

すべての人が小さい頃は
自信を持っていた。

大きくなるにつれ、
みんな、その自信をどんどん失っていった。

自信を持つためには、
強さが必要。

みんな、あの小さな頃持っていた自信を忘れないで!

私は私よ!
(うろ覚えで書いているので、
セリフの細かいところは違っているかもしれません。)

私は私!

この言葉がすごく胸に残りました。

私はレネーのこの言葉から、
「人はそれぞれ自分なりの美しさがある」
「世間の評価、世間の目に負けない強さを持って、
自分オリジナルの美しさに自信を持って!」という
メッセージを受け取りました。

つまり、レネーは、
人々に『存在レベルの自信』を持って!と
呼びかけたんじゃないのかなと思ったんです。

映画の半ばまで、
レネーは
「私はスタイルも顔もバツグンの美女!」と思うことで、
自信満々にふるまえていました。

これは『能力レベルの自信』だと思います。

そして、ある意味、
他者からの眼差し、
他者からの評価に依存しているというか、
振り回されている結果でしょう。

実は外見が変わったように見えるのは、
レネーの勘違いで、
他人から見たらレネーの外見は
全く変わっておらず、
そのギャップが笑いを生むのですが・・・

だけど、レネーは、
この外見への勘違いにまつわる
ドタバタ劇を経験したことで、
『存在レベルの自信』を取り戻す機会を得たと
私は思うのです。

私は私。

レネーのこの言葉は、自分の外見が
他人からどう見えるか?ということに、
徹底的に振り回された後、
そこから再び立ち上がった経験からくる言葉です。

だからこそ、
人の心に響くのだと思います。

レネーのような経験をしてない私たちは、
『存在レベルの自信』を持つための強さを
どうやったら身につければいいのでしょう?

私は、自分を知ることが鍵かなと思います。

レネーが言う通り、
どんな人も小さい頃は
『存在レベルの自信』、
ありのままの自分への信頼感に
満ちています。

だけど、大人になる過程で、
その自信が損なわれるような経験を繰り返し、
段々と自信を無くしていきます。

自分を知ることは、
自分の歴史を知ることです。

自分に起こった自信が損なわれる出来事を、
一つ一つ知って、意識化して、
本当は外側の基準から自分を見て、
自分を否定する必要はなかったと知ること。

それが『存在レベルの自信』を取り戻す鍵、
セルフイメージを回復する鍵かなと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

【関連記事】

◇モテるには?~力まず気張らず、自分らしくいてモテる方法
https://kikugawamaria.com/archives/741.html

◇セルフイメージを高めると人生が上手く行く?そもそもセルフイメージって何?
https://kikugawamaria.com/archives/64.html

無料メルマガに、ご登録いただくと、
自分を好きになり毎日を楽しく生きるヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋
https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理と対処法
  2. 40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…
  3. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  4. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  5. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…

関連記事

  1. 容姿コンプレックス

    容姿コンプレックスの原因と克服方法

    私はブスだから・・・太っているから・・・足が太い、お腹…

最近の記事

おすすめ記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. HSPの恋愛

    HSPです、自分の繊細さを持て余していますが、HSPでも恋愛や結婚できますか?
  2. 老後の不安

    墓友がいる老後・女の老後あれこれ
  3. 私の人生、何もない

    40代独身女性実家暮らし、自分の人生には何にもない感じがして、毎日辛いです。
  4. NOと言えない、頼まれると断れない

    興味がない男性からの誘いをはっきり断ることができず、期待され続け、押し切られそう…
  5. インナーチャイルドの癒し

    インナーチャイルドを癒す、インナーチャイルドワークをする、その時に気を付けて欲し…
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.