モテるには?

モテるには?~力まず気張らず、自分らしくいてモテる方法

今日のブログタイトルは
『モテる』には?

かなり直球でつけてみました。

『モテたい』
これは誰しもが持っている
人間の根源的な想いの一つなのでは?

以前、私は2年間ほど、
高齢者介護の仕事をしていたのですが、
そこで出会った高齢の利用者さまたちを見ていて、
『モテたい』っていう想いは、
いくつになってもあるんだなあと感動した覚えがあります。

『モテたい』という想いは、
すべての人の中にある
自分のDNAを残したいという種の保存欲求、
超ストレートに言うと性的欲求の表れの
一つなんだと思います。

ぶっちゃけ(笑)
『モテたい』と『好かれたい』の違いは、
その願望の水面下に、
セックスしたいという想いがあるか、どうか?だと思います。

同姓に対して、
『モテたい』と思う人って、
ほとんどいないのでは?
(同性愛者の方は、もちろん違いますが、、、)

だからこそ、『モテたい』って思いつつも、
それをストレートに認めたり、表現したりするのは、
なんだか気恥ずかしい。。。

それって自分の中の動物的な面、性的欲求を
超ストレートに言えば、
「素敵な人とHしたい」という想いを
認めたり、見せたりするのが
恥ずかしいからなのでは?

私がモテるか、どうか?はさておき(笑)、
7年間、見習いセラピスト期間を入れたら、
それこそ、15年以上、
人の話を聴いてきた経験、
1400万円くらい心の勉強につぎ込んだ経験を踏まえ、
力まず気張らず自分らしくありながら、
『モテる』方法を伝えていきます。

モテるって、どういうことでしょう?

『モテる』って、一言で言うと、
たくさんの男性がその女性のことを求める
ということだと思います。

ここで重要になってくるのが、
男性から、何のために?
どういう意図で求められるか?
と言うこと。

例えば、
自分はステディな彼氏が欲しいと思っているのに、
セックスをしたいだけの
身体目的の男性ばかりが寄ってくる。

そういう状況は、その女性にとって
モテているとは言えませんよね。

ほとんどの女性は、身体のつながり以上に、
精神的なつながり、ハートでのつながりを
パートナーとなる男性に求めるから、
『モテる』というのは、
まずは人間性、人柄って言うのかな、
それを求められたい、愛されたいと思うのでは?

たまに、肉食系女子もいて、
ビバ!快楽!
心のつながりなんか、どーでもええわ~
と言う方もいるようですが、、、

そういう方はまだ少数派でないかと思います。

モテには2種類ある

私、『モテる』というのには、
2種類あるかなあと思います。

一つは、性的な対象として求められる『モテ』。

もう一つは、
「この女性と、ずっと一緒に居たい」
「この女性と、長く付き合いたい」と思われる『モテ』。

この二つの『モテ』がバランスよく混じり合っているのが、
理想的な『モテ』かと思います。

そもそも恋愛感情って、
性的に惹かれ合う気持ちと、
人間性、人柄のところで惹かれ合う気持ち、
この二つが混じり合ったものですから。

だから、”モテたい!”と思った時、
この二つの『モテ』要素を磨いていく、アップしていくことが
大事になってきます。

女性として求められるモテを磨く

これに関しては、
もう本当にたくさんの本やらセミナーがあって、
私が何か言うことは必要ない感じがします。

外見、話し方、声のトーン、仕草、
どんな香水をつけたら良いか?
などなど、、、

私の言葉で言うと、
『つかみはOK』モテです。

ほとんどの女性は、

こういう風な外見で、こういう風に振舞うと、
男性は(女性として)自分に興味を持ってくれる

というイメージがあるのでは?

これが、モテる女性の王道パターン!みたいなイメージ。

その自分の頭の中にある
モテる女性王道パターンに、
自分が当てはまらないと言って悩んだり、
どうにか、その王道パターンに、
自分をはめ込もうともがいたりしている。

そんなところが現実なんじゃないかなと思います。

蓼食う虫も好き好き
自分だけの魅力を開拓すべし!
というのが私の持論です。

女友達と恋バナしていると、
「え~!!!そんな人がタイプなんだ!」と
驚くことがありませんか?

◇色白で眼鏡をかけた男性が好き。
◇相撲取りレベルに体格がいい男性が好き。
◇痩せて長髪のミュージシャンタイプが好き。
◇10歳以上年上でないと嫌。
◇逆に自分より若いメンズ出ないと嫌。
などなど、、、

素敵だなあ!付き合いたいなあ!と思う
男性のタイプは人によって様々。

これは、男性が好ましく思う
女性のタイプにも当てはまります。

すべての男性が、女優か、モデルのような
8頭身の目鼻立ちが整った美女しか好きにならないなら、
世の中の人ほとんどが、恋愛も結婚もできないでしょう。

だから、繰り返しになりますが、
蓼食う虫も好き好き
自分だけの魅力を開拓すべし!
なのです。

まあ、言い換えれば、
どんな人にもモテる市場というのがあります。

自分という女性を客観的に眺めて、
自分だけの魅力を伸ばしていくのがいいのかなと思います。

女性として求められる『モテ』において、
外見を磨くというのは大事な要素です。

『男は目で恋をする』という言葉もあるくらいですから。

外見磨きの早道は、
ふっちゃけ、お金と時間を惜しまず、
プロの手を借りること。

カラー診断、メイク教室、ショッピング同行など、
今は自分を引き立てるファッションを見つけるためのサービスが
無数にあります。

それらのサービスを利用するのも一つかと思います。

私はカラー診断、メイク教室、ショッピング同行、
全部のサービスを利用しましたが、
今でもすべてのサービスが役に立っています。

そして、自分という女性の魅力を発揮するには、
その土台となるマインド作りも必要です。

そのマインドとは、
女性としての自分に自信を持つこと。
女性としての自分に敬意を払うこと。

男性に好きになってもらって、
それから、女性としての自分に自信を持つのではなく、
まず、自分が自分の女性性に敬意を払う、愛おしむ。

それが大事です。

『言うは易く行うは難し』
すぐにそれができたら苦労しませんよね。

実際には、
振ったり振られたり、いろいろ失敗しつつ、
自分だけの魅力を開発していくのかなあと思います。

この女性との関係を大事にしたい!と思われるモテを磨く

この女性と、ずっと一緒に居たい。
この女性と、長く付き合いたい。

そう思われるモテを、
関係性モテと名付けてみました。

別名・噛めば噛むほど味が出るモテです。

で、この関係性モテは、
ある程度の期間、相手の男性と何らかの関わりがあって、
それから、じわじわと、
この女性との関係を大事にしたい、長く続けたいと求められる。

そんなモテでしょう。

で、これはズバリ!
コミュニケーション能力を育てる、磨くということに尽きます。

尽くす女性はモテるとか、
いや、尽くしちゃダメだ、受け取り上手になれ!とか、
いろんな意見が巷では言われてますが、
関係性モテには必勝パターンというのはありません。

と言うのも、
人間って変化します。
変化し続けるのが人間です。

自分も相手も生ものです(笑)

同じ相手と付き合っていても、
距離が近く感じる時、そうでもない時、
すごく好きな気持ちが湧いてくる時、
ちょっと冷めている時などがあって当然で、
関係性は刻々と変化し続けています。

ちょっと今日は心が弱っているから
優しくして欲しいなあ、甘えたいなあという時、
仕事がノリノリだから、
今は放っておいて欲しいという時、
自分も相手も、その時その時でニーズが変わります。

お互い、相手のニーズに応えられる時、
そうでない時があるでしょう。

恋愛関係って、ある意味、
2人でダンスを踊っているようなものです。

これさえしていれば、
男女関係は上手くいく!ってありません。
※あっ!一つあるかな。。。これは最後に書きます。

だから、コミュニケーション能力なのです。

相手の状態、ニーズを感じる能力。知る能力。
相手とやり取りする能力。

この能力を培っていくことが、
関係性モテの秘訣かと思います。

そして、そのためには、
自分とのコミュニケーションを深めていくこと、
つまり、
自分とのコミュニケーション能力を培っていくことが
必要となりますよね。

自分と上手くコミュニケーションできなかったら、
相手とも上手くいきませんから。

「結局、誰と付き合っても同じ」
60代の恋多き女性が、
こんなことを言っていました。

最初、この言葉を聴いた時、
意味が分からなかったのですが、
段々と意味が分かってきました。

自分が変わらなければ、
相手を変えても、
同じ関係性が繰り返されるということです。

なので、関係性モテ力を磨くためには、
自分との関係性を深める、
自分とラブラブになる、自分にモテる
ということが必要なのかなあと思います。

まとめ

女性として求められるモテ、関係性モテ、
二つのモテについて語りました。

総じて伝えたいのは、
モテの土台は自分との関係性にあるということです。

だから、逆から言うと、
恋愛って、相手との関係を通じて、自分を知る。
知って、自分をもっと好きになる。
そのためにするのかもしれません。

「人生は自分を知る旅」と言いますが、
恋愛は、ある意味、
相手を通じて、自分を知る旅と言えるかもしれませんね。

おまけ

こうしたら、男女関係が上手く行く!という方法を、
一つだけ知っていると書きましたが、
それは何か?というと、、、
もったいぶらずに書きましょう。

それは、、、

男性を誉めること!

女性からの誉め言葉は、
男性にとってミルク、おっぱいです。

どんな男性もおっぱいが大好きです。
※大好きというか、生きるエネルギーです。

女性がおっぱいをあげると、
男性は頑張ります、頑張れます。

逆におっぱいをくれないと、
エネルギーが枯渇し、
段々と心を閉ざしていきます。
※一言で言うとスネる。

だから、男性をなるべく誉める。
それもうわべだけでなく、心から誉める。

それが大事らしいです。

以上、ご参考になれば幸いです。

【関連記事】
容姿コンプレックスの原因と克服方法

『女らしい』『かわいい』が苦手 女性であるってことに気後れしてしまう

男性の脈ありサインって?私に気があるかどうかを知りたい

男性の脈ありサインって?私に気があるかどうかを知りたい

無料メルマガに、ご登録いただくと、
こじらせ女子を卒業するヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋

https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理って?
  2. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  3. 自分を許せない時の処方箋~佐藤初女さんから直接もらった言葉を紹介
  4. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  5. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…

最近の記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. 私は人を好きになる資格がない

    私は人を好きになる資格がない、私に好きになられても迷惑だろうという気持ちが強く、…
  2. 独身女性・孤独

    40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…
  3. 独身女性・孤独

    友達が欲しいのに、人付き合いがおっくうでめんどくさい。こんな時の処方箋
  4. 会社を辞めたい

    会社の人間関係が嫌でたまらず会社を辞めたい時の処方箋・心にしなやかさ(レジリエン…
  5. 自分と結婚する

    恋愛に疲れた時の処方箋~まずは自分と結婚する~
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.