引きずってしまう性格

過去の嫌な出来事を引きずってしまう、気にしすぎてしまう性格を変えたい

人から言われたキツイ言葉を
長い間、引きずってしまう
そんな性格を変えたい
そんな自分を変えたいという方に
セラピーの現場で、結構、出会います。

一人でいる時も、否が応でも、
人から言われたキツイ言葉を思い出してしまって、
自己嫌悪や自分を責める気持ちでいっぱいになる。

このような状態が長年続くと、
生きていること自体が楽しくないし、
人と関わる自体に対しても、
恐れやストレスを感じてしまいますよね。

私自身、同じような状態が、
小さい頃から続いていたので、
この辛さは身に沁みて分かります。

※大人になって、カウンセリングを受けるようになってから、
徐々に良くなり、
今では、人から能天気と思われる位になりました。

今日は
『人から言われたことを引きずってしまう』ことへの
対処法・解決法を伝えていきます。

主に二つの解決法がある

『人から言われたことを引きずってしまう』ことに対しては、
主に二つの解決法があるかと思います。

1つは、その引きずってしまう
過去の出来事にまつわるネガティブな感情を
お掃除する、手放すということです。

もう1つは、人からきつい言葉を言われたとしても、
あまり気にならない自分になる、
そのように心の体質を改善していくということです。

これは、ある種、病気に対するアプローチと似ています。

前者は、症状への対処療法的な解決法であり、
後者は、症状に対する根本的な解決法と言えます。

たた、少し違うのは、
この場合、前者のアプローチの仕方でも、
やり方に気を付けて続けていくと、
徐々にではあるけれども、
後者の体質改善につながると可能性があるということです。

これについては、あとに詳しく伝えていきますね。

どうして私は引きずってしまうんだろう?

すごく極端な例えですが、
学校や会社などで、
先生や上司などの同じ人に、
似たような嫌味を言われても、
長い間、それについて苦しみ、引きずってしまう人と、
その時、多少は嫌な感じはあるけど、
一晩眠れば、ケロッと忘れてしまう人。

この差は、どこにあるのでしょう?

やはり、自己肯定感が高いか、低いか?
ということにあるかな・・・と思います。

自己肯定感、一言で言うと、
ありのままの自分を肯定する感覚です。

自分は、何ができようが、できまいが、
誰が自分をどう見ようが、どう思おうが、
私は私、これでOK!という感覚です。

恐らく、人間、生きている限り、
100%、どんな自分も肯定できる!という人はいませんし、
100%、自分はダメだと思う人もいないと思います。

また、人生のその時期、その時期によっても、
自己肯定感が高い、低いは変わってきます。

私の場合で言うと、
小さい頃は、ものすごく自己肯定感が低かったですが、
自分を癒すにつれ、段々と上がってきました。

『引きずってしまう』性格から
『引きずらない性格になる』ための
心の体質改善というのは、
この自己肯定感を高めることと言えるでしょう。

でね、この自己肯定感の高い、低いって、
どこからくるのか?
どこで決めるのか?というと、

やっぱり、
小さい頃の周りの大人との関係、
特に両親との関係が大きいと言えます。

じゃあ、
『引きずってしまう』性格を変えるためには、
小さい頃にさかのぼって、
当時のことを全部思い出して、
全部癒す必要があるのか?というと、
それも極端な話です。

上記のような質問をクライアントさんからされた時、
私が、いつも、どう答えるか?と言うと、、、

人からキツイことを言われて、
痛かったり落ち込んだりする自分を
支えてくれるもう一人の自分を育てる、つくる
これが一つのゴール。

というようなことを伝えています。

これは言ってみれば、
自分の中に、
傷ついたりクヨクヨしたりする子どもの自分と
その自分を支えケアする大人の自分の2人を
共存させるような状態です。

まずは『引きずってしまっている』出来事を
一つずつお掃除していく

「人から言われたキツイ言葉を引きずってしまう、、、」
というのを、
もう少し具体的に言うと、
言われたことを思い出して、
自分を責めたり、ダメだと思ったり、
「あの時、どうすれば良かったんだろう。。。」と
くよくよと考えてしまったりなどど、
それを思い出すたび、
ネガティブな気持ちになって
苦しいということですよね。

なので、最初は、
『引きずってしまう』出来事にまつわる
ネガティブな感情をお掃除して手放していく。。。

ここから始めるのがいいかなと思います。

で、この時のお掃除の仕方ですが、
最初は、他人に助けてもらうのが良いかと思います。

具体的には、
安心安全を感じられる自分以外の誰かに、
自分の気持ちを聴いてもらい、
寄り添ってもらう、共感してもらう。
そのことで、自分の中に安心感や余裕が生まれ、
それをお掃除でき、手放すことができるかと思います。

段々、お掃除が進んできたら、
徐々に徐々に、
自分で自分の気持ちのお掃除ができる。
自分で自分の気持ちのケアができる。

そういう風になっていくのが理想です。

そうでないと、自立できないからです。

人は誰かの助けがないと
生きていけない存在だと、
私は思いますが、
お互い自分の足で立ちつつ、
お互い助け合うという関係性が
理想だと思っています。

弱っている時、混乱している時は、
最初は、助けてもらいつつ、
徐々に助け合う関係に移行するのがいいと思います。

なかなか、これが難しいのでますが、、、

私は、個人セッションを提供する中で、
最初はクライアントさんに
全面的に寄り添って、共感するということをしますが、
その方が力を取り戻してくるにつれ、
徐々に物分かりが悪いセラピストになります。

それは、クライアントさん自身が
自分を理解し、支える力をつけていくためです。

具体的には、ネガティブな感情をリリースするための
身体を使った簡単なエクササイズを伝えて、
ご自宅でも、それを練習してもらうようにしています。

セルフケアできるようになるにつれ
自信がつき自己肯定感もあがる

カウンセリングやセラピーを受けるより、
自分で自分のネガティブな感情をお掃除した方が
たくさんお掃除できます。
お金もかかりません。

かつ、自分で自分の気持ちを受けとめられるよう、
ケアできるようということが自信となり、
その結果、自己肯定感もあがりました。

『引きずってしまう』のは
相手に分かってもらいたかったから

セルフケア能力が上がり、
自己肯定感が上がるにつれ、
多くのクライアントさんが気付かれるのは、

人から言われたキツイ言葉を
引きずってしまっていたのは、
心のどこかで、その相手に
自分のことを分かってもらいたい、
認めてもらいたい、
と期待していたからだ!
ということです。

相手に分かってもらい、
認めてもらうことを諦めたら、
自然と相手から言われたことが
気にならなくなっていた、
引きずらなくなっていたということにも気付かれます。

これは、目から鱗が落ちるような発見のようですね。

これを読んでいるみなさんも、
もし過去、人から言われたことで
引きずっていることがあったら、
心のどこかで、
その相手に分かってもらうことを期待してないか?
自分に聴いてみるのもいいかもしれません。

まとめ

「過去の嫌な出来事を引きずってしまう、
気にしすぎてしまう性格を変えたい」
このようなご相談に対する、
私の答えはこうです。

引きずってしまう性格は変えられないかもだけど、
そういう自分をケアする自分を育てることはできる

気にしないよう、気にしないよう、
前向きに、心を強くもって!と思うと、
肩に力が入り、心も身体も固くなりますが、

気にしてしまう自分に、
「気になるねえ」「分かって欲しいねえ」と言える
そんなもう一人の自分がいれば、
自然と『引きずってしまう』出来事は
小さくなっていくのかな・・・と思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

無料メルマガに、ご登録いただくと、
こじらせ女子を卒業するヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋

https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  2. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  3. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  4. 40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…
  5. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理と対処法

関連記事

最近の記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. モテるには?

    モテるには?~力まず気張らず、自分らしくいてモテる方法
  2. 年齢コンプレックス

    年齢コンプレックス、35歳過ぎると、オバサン扱いされ、恋愛市場の片隅に追いやられ…
  3. 自分を責めてしまう時

    自分を許せない時の処方箋~佐藤初女さんから直接もらった言葉を紹介
  4. 受け取り下手

    素直になれない受け取り下手をなおすには?
  5. 会社を辞めたい

    会社の人間関係が嫌でたまらず会社を辞めたい時の処方箋・心にしなやかさ(レジリエン…
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.