こじらせ女子とは?

こじらせ女子とは?その意味、その特徴と、こじらせ女子を卒業する方法

この数年前から使われ始め、
最近は日本語として定着した感がある
「こじらせ女子」という言葉。

こじらせ女子とは、
どのような女性のことを言うのでしょう?

また、「こじらせ女子」は、
一体何を「こじらせている」のでしょう?

私が、「こじらせ女子」という言葉を
初めて聞いたのは去年あたり。

その文脈から言葉の意味は、
なんとなくわかるけど、
人に説明しようと思うと、
なかなか難しい。。。

最初は、そんな感じがありました。

だけど、「こじらせ女子」という言葉に
触れる回数が多くなるにつれ、
段々と「こじらせ女子」が、
どういう風に使われているか、理解が進んできました。

そして、
「こじらせ女子」と、
非「こじらせ女子」という風に
はっきり区別できるようなものではない、

「こじらせ女子」的な要素は、
どんな女性の中にもあり、
その度合いが強いか、そうでないかだけだ

と思うようになりました。

こちらの記事では、
「こじらせ女子」という言葉の意味、
「こじらせ女子度が強い人」の特徴、
紹介していきます。

「こじらせ女子」という言葉が意味するもの

「こじらせ女子」という言葉の
生みの親と言われているのは、
エッセイスト、ライターの雨宮まみさん。
※雨宮まみさんは、2016年に亡くなっています。

雨宮さんが書いた
自伝的エッセイ「女子をこじらせて」(ポット出版)から、
「こじらせ女子」という言葉は
使われだしたと言われています。

雨宮さんは、AVライターをしていましたが、
仕事にするほど、AVに深入りした理由を、

それはひとえに私が

「女をこじらせて」いたから

と著書・女をこじらせての中に書いています。

著書・女をこじらせて については

普通の女の子のように扱われることに違和感を覚え、

だからといって変わり者扱いされることにも違和感を覚え、

じゃあお前はなんなんだ、と問われたときに

「私はこじらせているんです」と言えたら、

説明がラクだなぁ、と思いながら書いたのが

この本です。

という風に述べています。

雨宮さんによれば、

”「こじらせ女子」はあくまで内面の話。

ざっくり言うと、

「自分の女子力に自信がなく、

 女子的魅力をアピールできない女性」”

を指すそうです。

「こじらせ女子」という言葉って、
最初は、自分が自分を描写、
もしくは説明するための言葉だったのですね。

それが、段々と一人歩きして、
「あの子はこじらせ女子だから」とか、
「こじらせてんなーあいつ」とか、
人が他人(主に女性)のことを描写する時にも
使われるようになりました。
※最近は「こじらせ男子」という言葉も使われています。
これについては、また他の記事で書きます。

最初は、自称「こじらせ女子」から始まって、

しかも、それは、
自分のことを
「女をこじらせててと説明出来たらラクだなぁ」
という想いから始まっていて、

段々と段々と、
他称「こじらせ女子」も
出てきたというわけです。

「こじらせ女子」その特徴

ここからは、
「こじらせ女子」の説明を
具体的にしていきます。

先ほど、元祖「こじらせ女子(自称)」の
雨宮まみさんも仰っているように、
「こじらせ女子」という言葉が意味するのは、
一言で言うと、自分に自信がない女子のこと。

特に、女性としての自分、
自分の女子力に自信がない人のことを意味します。

雨宮まみさんの著書の名前の通り、
「女をこじらせて」いる女性のことですね。

自信があるか、ないか?というのは、
あくまで内面の問題なので、

他人から見て、
その人が、モテているか、いないか、
美人か、そうでもないかは、
全く関係ないようです。

「こじらせる」を国語辞典で引くと、

1 物事をもつれさせ、処理を難しくする。
めんどうにする。

2 病気を治しそこねて長引かせる。

とあります。

「こじらせ女子」は、
自分が女性であることをもつれさせ、
その処理を面倒にしている人とも言えますね。

ちなみに、「こじらせる」を、
漢字で書くと「拗らせる」。

手偏(手へん)に幼いです。

なんだか、
言い得て妙だなあと思うのは、
私だけでしょうか?

女子をこじらせている
「こじらせ女子」の
具体的な特徴としては、
以下のものが挙げられます。

マイナス思考、ネガティブ傾向が強い

「こじらせ女子」は、
基本的に自分に自信がなく、
拗ね(すね)て、いじけている傾向があります。

だから、
「こじらせ女子」の口グセ、思考グセは、
「どうせ私なんて」。

特に、男性と接する際に、
この「どうせ私なんて」が
出やすい傾向があります。

受け取り下手、甘え下手

「こじらせ女子」は、
他人からほめられても、
素直に「ありがとう」と
受け取ることができません。

他人からのほめ言葉を、
「いやいやいやいや、
私、そんなことないし!」と
全力で拒絶したり、

「フン!どうせお世辞でしょ!」と
疑ってかかったりします。

また、人に甘えること、
特に男性に甘えることに、
強い抵抗があり、

なんでも一人でやろうとしたり、
人が助けの手を差し伸べようとしても、
「借りを作るのはまっぴらごめん!」と
跳ね返したりします。

うっかり人から助けてもらうことがあると、
倍にして返さないと!と、
自分を追い詰めたりします。

妄想グセがある

「こじらせ女子」には、
「どうせ私なんて」と自分を卑下する一方、
現実がこんな風になったらいいなと期待し、
妄想にふける傾向があります。

タイプの男性に少し優しくされただけで、
「自分に気があるのでは?」と
過剰に期待し、
彼との結婚生活まで妄想したりします。

いつもと違うことをするのが苦手で、
自分から動かない、動けない

「こじらせ女子」は、
恋愛に関して、
根っからの奥手、
非常に受け身です。

恋愛はじめ、その他の人間関係においても、
自分から積極的に行動することが

ほとんどありません。

そのため、
合コンや、お見合いパーティーなどの出会いの場に、
自分から出かけていくことは、
ほぼ皆無。

それが、彼氏いない歴をどんどん長引かせ、
余計、「女子をこじらせる」
負のスパイラルに入ってしまう原因と
なっています。

一人上手、一人時間、一人行動が好き

「こじらせ女子」は、
とにかく自分に自信がないため、
常に人の目を気にしています。

そのため、人と一緒に居ると気疲れするので、
一人時間、一人行動が好きで、
一人でいるのが一番落ち着くという傾向があります。

一人焼肉、一人ラーメン、一人映画、
時には一人動物園、一人ディズニーなどに、
全く抵抗がない人も。

「こじらせ」ているから、
お一人様上手になるか?

お一人様上手だから、
「こじらせ」ているのか?

ニワトリが先か?
卵が先か?

よく分からない感じになり、
同じような毎日を長年送っていたりも。

溺愛しているペットがいる

ペットを飼っていて、
プライベートはペット中心、
休日の大半をペットと過ごすため、
仕事以外で、人と接するが極端に少ない。

こんな「こじらせ女子」も存在します。

「私のことを本当に分かってくれるのは
この子(犬、猫などのペット)だけ!」と思い、
ペットを話し相手にして、
愚痴をこぼしたりも、、、

ペットを飼うこと、大事にすることは、
悪いことではありませんが、
ペットを溺愛するがあまり、
人との関わりが減ると、

さらに「こじらせ」を
長引かせる原因になります。

女らしい振舞いや装いに、抵抗や嫌悪感がある

「こじらせ女子」の特徴の一つとして、
自分に自信がなく、
自分が女性であることに
劣等感をもっているため、
人と目があったら、
にっこり笑うなどの女性らしい仕草や、

フリフリレースのブラウスや、
ふんわりした生地のワンピース、
ヒラヒラしたスカートなどの
女性らしい装いへの
抵抗感や嫌悪感があります。

このため、
見た目は普通に可愛らしく綺麗なのに、
それを自分で生かせず、
残念な結果になっているなどという印象を、
周りに与えていることも、
しばしばあります。

キラキラ女子、キラキラ男子が苦手

自己肯定感が高く、
自分自身も周りの人も大好き、
やりたいことがたくさんあり、
毎日が充実している、
キラキラしたリア充女子や男子に、
恐怖に近い拒否反応を示すのも、
「こじらせ女子」の特徴。

そういうキラキラした人たちを見ると、
自分の劣等感が刺激され、
ますます自信がなくなることが原因のようです。

リア充のキラキラした人たちを避ける、

これは「こじらせ女子」が、
自分の心の安全を死守するための
苦肉の策とも言えますが、
そのことが、さらに自分を惨めな気持ちにさせ、
「こじらせ」を長引かせます。

いかに、「こじらせ女子」を卒業するか?

どうして「こじらせた」のか?原因を探ってみる

どうして、
自分がこんなに
「女子をこじらせている」のか?
その原因を探ってみましょう。

少しずつでいいので、
自分のことを掘り下げて
見てみましょう。

自分の過去を見つめ直し、
過去の棚卸しをするのもいいでしょう。

どんな人も、自分の家族、
特に両親から受ける影響は大きいです。

自分と家族との関係を
見つめ直してみましょう。

「こじらせ女子」度が高い人には、
女子をこじらせる原因となった
過去の心の傷・トラウマがあります。

今まで生きてきた歴史、
家族との関係を見直すことで、
その心の傷・トラウマを言葉にしてみましょう。

今まで無自覚でいたことに、
自覚的になる。

それだけで、
その「こじらせぶり」がほぐれてきます。

自分の中にあるネガティブな感情を吐き出す

自分が「女子をこじらせている」原因が分かったら、
それを紙に書きだしてみる、
信頼できる人に聴いてもらうなど、
自分の外側に向かって表現してみましょう。

※信頼できる人が思いつかない場合、
カウンセリングやセラピーを利用しても良いですね。

「こじらせ女子」は、
過去のネガティブな記憶、感情を、
自分の内側に持ち続け、
それを延々とくすぶらせている人が多いです。

ネガティブな感情を
自分の中だけでくすぶらせるのを止め、
安心安全な場とやり方で表現してみましょう。

自分の中にあるネガティブな感情を
表現し受け止めてもらうことで、
その感情を手放すことができます。

少しずつでよいので、自己肯定感を高める

「女子をこじらせた」原因がほどけてきたら、
今度は、自己肯定感を高め、
自信を取り戻す努力をしていきましょう。

自分の長所、
よくやっていることを認め、
自分をほめる。

人からほめられたら
少しずつでも良いので
「ありがとう」と受け取る努力をする。

などしてみましょう。

「こじらせ女子」は、
他人から言われた否定的な言葉に傷つき、
女子をこじらせている人がほとんどです。

なので、「こじらせ」をほどくためには、
自分で自分を認め肯定すること。

要は自己肯定感を高めること。

それが大事です。
そのためには、

他人が自分を、どう思うか?より、
まず自分が自分を、どう思うか?を大事にし、
自分に心の栄養を与えましょう。

自分で自分に栄養を与え続けたら、
あなたという世界にたったひとつしかない花が
いつか咲くはずです。

無料メルマガに、ご登録いただくと、

こじらせ女子を卒業するヒントが、定期的に届きます。

★無料メルマガ・こじらせ女子の処方箋
https://www.reservestock.jp/subscribe/2007

ピックアップ記事

  1. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  2. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  3. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理と対処法
  4. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  5. 自分を許せない時の処方箋~佐藤初女さんから直接もらった言葉を紹介

関連記事

最近の記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. モラハラ彼氏の見分け方

    モラハラ彼氏とただの俺様彼氏の見分け方・彼氏が怖い、もしかしてこれはモラハラ?そ…
  2. 人付き合いに疲れた時

    人間関係に疲れた時の処方箋『分かって欲しい』と言う気持ちと上手く付き合うと人間関…
  3. 女同士の人間関係の悩み

    職場の女同士の人間関係がめんどくさくて憂うつです
  4. 独身女性・孤独

    友達が欲しいのに、人付き合いがおっくうでめんどくさい。こんな時の処方箋
  5. セルフイメージ

    不幸体質を変えて幸せな恋愛をするには?
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.