言いたいことが言えない

やりたいことが分からない人におススメの漫画・さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

今日のタイトルは、
かなり刺激的なタイトルだったかと思います。

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」という
永田カビさんという作家が、
ご自身の実体験を漫画にした作品を読んだ話です。

この作家さん、
摂食障害で自傷行為の経験もある
いわゆるメンヘラ女子です。

マンガの裏表紙には、
高校卒業から10年間、
息苦しさを感じて生きてきた日々。

そんな自分を解き放つために選んだ手段が、
「レズビアン風俗」で抱きしめられることだった。
とあります。

もしよかったら、
下記のリンクから、
マンガの一部が無料で読めますので、
興味がある方は読んでみてください。

http://matogrosso.jp/privaterepo/01.html

全然、エロい内容ではなくて、

作家さんが、本当に真摯に真摯に自分を見つめて、
自分の気持ちを言葉にしていく過程で、

自分の中にあった「女性に抱きしめられたい」という気持ちに気付き、
それを満たすためにレズ風俗に行った。

私の言葉で言うと、
そんな内容でした。

このレポ漫画を読んで、
自分のやりたいことをやるって、
本当に大事だなあと思いました。

と言うのも、この作家さんは、
ずっと親の期待に応えようと生きてきた方。

そうこうするうちに、
自分の気持ちが分からなくなり、
自分の欲しい物、したいことが分からなくなり、
それでも親の承認が欲しくて、
あがきもがいてきた方です。

そんな方にとって、
自分のしたいことを発見し、
そのために行動したことは、
本当に大きなエポックメーキング的なことだったわけです。

それこそ、人生がひっくり返るほどの。

今まで親が自分の人生のボスだったのが、
いきなり、自分が主導権を取り戻し
ボスになったみたいな。

例えるなら、そんな感じです。

私は、これを読んで、
自分の気持ちやしたいことを
自分が理解し尊重することって、
本当に大事だなあと思いました。

それをしないと、
自分が自分をほっぽり出してることになって、
結果、自分の中からエネルギーが
枯れていくのではないか?と思います。

この漫画に触発されて、
◇言いたいことが言えず、
ストレスが溜まってしまう時の対処法
というブログを書きました。

私も長い間、自分のやりたいことはおろか、
自分の気持すら分からなかったし、
摂食障害だったので、
永田カビさんと自分がかぶるところが
多々ありました。

昔の自分を思い出しながら、
自分の気持ちが全然分からなかったところから、
どうやって自分とつながってきたか?
そんなことを思い出しながら書いたブログです。

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』と言う題名を聞いて、
ほとんどの方が、一番興味を持つのが、

その元メンヘラ作家(永田カビさん)さんは、
レズ風俗に行ってみて、
どうだったの?

それって、どんな体験だったの?

実際に、女性とセックスしてみて
気持ちよかった?

というところでは(笑)

実は、私もそこが知りたくて、
この漫画を買いました(笑)

この永田カビさんがレズ風俗に行ったのは、
28歳の時。

カビさんはこの時、
誰かと付き合ったことも、
性的なことをした経験も全くなかったそう。

これは、カビさんが、
性的な欲求を女性に抱く指向を持った方
つまり、レズビアンだからという
理由ではありません。

カビさんは、マンガの中で、

ハグ程度なら性別を問わないのだが
それ以上の事をしたい対象が
なぜ女性かというと
自分が女だと認識したくない

男になりたいわけじゃなく
性別に属しているのが嫌というか、

自分が自分である前に
女であると過剰に定義されるのが嫌というか、

あとはもう
とにかく男体より女体に性的な興味がある
でも特定の女性に性欲を抱くわけじゃない・・・みたいな
(レズ風俗に行った後マンガを描いてみて、上記のことに気付いた)

と書いています。

長い話を短くすると、
カビさんは、自分のことを知るため、
特に自分のセクシャリティを知るため、
レズ風俗に行ったわけです。

これは、実に大きな冒険であり、
今まで親の期待に沿って
生きてきた自分との決別だったのではないかと思います。

「親のごきげんをとりたい私」の要求じゃなく、
私が私のために考えて行動している。
それがこんなに充実感があることだなんて。

とカビさんはマンガの中で言っています。

これは本当に深いテーマを持った話で、
親から自立することと
自分のセクシャリティを生きることは、
すごくすごく関連しています。

【関連記事】

◇私は人を好きになる資格がない、
私に好きになられても迷惑だろうという気持ちが強く、
一生恋愛は無理かなと思ってしまいます

◇恋愛や性的なことに罪悪感があり、
特に親に対して
ものすごく悪いことをしている気持ちになります

◇男性から好意を向けられると、
途端に気持ち悪くなり、
逃げ出してしまう冷めてしまう自分がいます
~蛙化現象の治し方~

カビさんが、親からの独立宣言として、
レズ風俗に行ったとも、
私には見えますし、

カビさんの言葉からも
それがうかがえます。

で、本題に入ります。

カビさんは、レズ風俗のお姉さんと
セックスをして気持ちよかったか?

という話です。

結論から言うと、
緊張の方が勝って、
全く気持ちよくなかったそうです。

高度なコミュニケーションしようとしてない?

(中略)

どうしよう自然にできると思ってたのに
もしかしてそんな事無いんじゃないのか?

とカビさんは描いてます。

私、気持ちいいセックスって、
自分との良好で密なコミュニケーションができて
それを土台にして成り立つと思うんです。

カビさんは、レポ漫画の中で、
自分の気持ちを知るため、
レズ風俗に行ったとおっしゃっています。

これはつまり、
自分とコミュニケーションを深めるために
レズ風俗に行ったわけですから、
それだと気持ちよくなるところまでは行かないかな・・・
なんて思いました。

だけど、カビさんの勇気には
大拍手を送りたいです。

ところで、後日、ホリエモンがこのレポ漫画を読んで、
その感想を書いているのを読んだのですが、
実に興味深かったです。

そして正直、こんな摂食障害とかなったことない身としては
さっぱり理解はできないのだが、
ここまで思いつめてしまうんだ。
そしてそういう人は
氷山の一角で沢山いるんだろうなあって感じてしまった。

※ホリエモンの感想はここから読めます。
http://www.manga-news.jp/news/body/1187

この世界には、本当にいろんな人がいると、
ホリエモンの感想を読んで思いました。

今日は少しとりとめのない内容ですが、
自分の好きなように書かせてもらいました。

以上、参考になれば幸いです。

 

無料メルマガ配信中
心が晴れる「幸せ力」の育て方

登録はこちらから

 

無料診断・そのグルグル思考を止める方法はこれだ!
無料診断はこちらから

 

声で聴けるブログ多数あります→音声ブログ特集へ

 

ピックアップ記事

  1. 職場でのいじめが忘れられず苦しい時の処方箋
  2. 不安や気がかりなことで、頭がいっぱいいっぱいになる、ぐるぐる思考(反すう思考)を…
  3. 過去の失敗や間違いにとらわれ、自分を許せない時の処方箋
  4. いきなり嫌われる、突然無視されることが何回も続き、人に近づくのが怖いです。
  5. 夫に無視され困っています・夫が妻を無視する心理と対処法

関連記事

  1. 人付き合いの悩み

    言いたいことが言えず、ストレスが溜まってしまう時の対処法

    今日は言いたいことがなかなか言えなくてストレスが溜まりがちとい…

最近の記事

おすすめ記事

カテゴリー

サロンについて


△神奈川県茅ヶ崎市にて
対面セッションは行っています。
サロンから海は、歩いて3分ほどです。

  1. 彼氏とのことでの悩み

    彼から一日連絡がなかったり、会えない日が少し続いたりするだけで、もう私のこと好き…
  2. 婚活、恋活疲れ

    40代独身女性、孤独感が辛く、婚活した方が良いのかなとも思うけど、なんだか踏み切…
  3. 男性の脈ありサイン

    思わせぶり男子の見分け方・思わせぶり男子3タイプ
  4. ぐるぐる思考・反芻思考を止める

    実家を出て一人暮らししたいけど、親を残して出ていくことに罪悪感があり踏み切れずに…
  5. 自分を好きになる

    自分を好きになる方法 自分で自分をディスってないか?チェックしてみる
PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.